06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 07

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

いまリスト集に思うこと 

リスト集の残数、まだ第五便は余裕があるけれど、他は10冊をきるようになってきた。

配布から1年半になるのに、知らないといわれるとがっかりする。
仮設へは自治体で配ってくださっているはずなのに、みたことがないとかいわれちゃったりして。
情報を得る努力をしていない方にも問題があると思うのよ。
それでも、もしかして目にさえふれれば再会できるのかもと期待してしまう。その可能性がある限り配布は続けなければいけないのだろう。
こうなるとテレビコーマーシャルでもしないと無理だよね。そんなお金はない。そんなお金があったなら、別のことに使いたい。
いまいま、警戒区域で命からがら彷徨っている犬猫がいることも知られていないままだ。
ボラの置き餌がなかったら命はつなげない。
君たちは飢え死にするために生まれてきたのだと、誰がいえる。



スポンサーサイト

Posted on 2012/12/21 Fri. 19:04 [edit]

category: リスト集まとめ(完了!)

21

寄贈させていただきました 

おかげさまで、「被災保護動物リスト集第一~五便」を、
福島県立図書館と国立国会図書館に寄贈させていただきました。

ある方のご紹介もあり、県立図書館からは、「東日本大震災福島県復興ライブラリー」資料用と、貸出用としてお話をいただけました。既にどなたかからの寄贈があって貸し出しになっている便もあったそうで驚きました。
チラシも一緒にお送りし、これも利用していただけるという大変丁寧な対応をいただきました。

これに調子づきまして、思い切って国会図書館に問い合わせてみましたら
「東日本大震災関係資料の収集事業の一環として御寄贈をお受けします」とのことでした。
資料としての寄贈ですので、蔵書検索登録にはならないそうですが、国の機関で保管していただけるというのは、とても喜ばしいことです。


リスト集の一番の功労者は、もちろんレスキューをしてくださった方々です。
(読んでくださってますか~?!)
皆さまの活動内容が、この2図書館にずっと残ります!
お世話になってばかりでしたが、ちょっとだけ恩返しができた気持ちでいます。
ほんとうにありがとうございます。m(__)m。

ペットを不幸にして動物愛護団体や個人ボラさんのお世話になるのは、普段の生活では、「どうしようもない人間たち」です。
でも震災にあっては違うのですよね。
保護して里親を探すことに重ねて、情報のネット公開による元の飼い主探し、保護依頼を受けての捜索、などなど。
シェルターに増え続ける犬猫たち。困窮する警戒区域の食糧事情。
どれほどのご苦労がおありかと思います。
震災動物を助けているというと、「立派ね」と褒められるけれど、地域の野良の世話をしていると「変わっているわね、迷惑だ」といわれると、何かで読んだことがあります。
いまは、困った人間の尻拭いに終始している感の強い動物愛護ですが、今回の震災のようにいつか社会的に必須と考えられるものとなって欲しいなと願います。


昨春は、保護団体名も保護の実態もつかめず、当然ネット公開数もわからず、どんな形式にすべきか、費用はどれくらいかかるのか、どうやって配布すればいいのか…まったくもって暗中模索でした。
そんなときに、何かの役に立つかとまとめていたと保護団体さんの一覧を送ってくださった方がいます。クリアファイルにデモ版を作って見せてくださった方がいます。ひな型や表紙の原案をつくってくださった方もいます。そして資金を提供してくださった方々も…。
あの頃は、皆がなんとかして被災飼い主に情報を届けたいと思っていました。
そういう意味では、皆さんがリスト集の発案者です。
たくさんの方が知恵を寄せ合い、このリスト集が生まれました。

飼い主あってのペット、ペットあっての飼い主。

リスト集は、皆さんの「離れ離れになった被災地のペットと飼い主をなんとかしたい」というお気持ちでまとめられたものです。
開始当時は、見つかって飼い主の元へ戻れれば、もう一頭助け出せるの一心でした。
…実際はそうではなく惨憺たる結果となってしまったのですが…。
これが原発事故なのです。

この冊子は、ここに載っている犬猫豚たちがこの世にいた記録でもあります。
ここには彼らを探さねばならない状況に置かれた飼い主さんの思い、掲載されないまま天に昇ってしまったコたちの思いもつまっています。
本来なら掲載数の数だけ、再会があっていいはずなのに、さまざまな事情でそれが叶わない方が圧倒的です。
大震災だけでは、こうはなりませんでした。
原発事故というものの悲しさを感じてください。
そして繰り返さないための方法をどうか考えてください。

いまだに警戒区域の動物たちの現状をご存じない方がたくさんいらっしゃいます。
もしも機会がありましたら、どうかお伝えください。
歴史に埋もれてしまわないように。

多謝

Posted on 2012/11/10 Sat. 19:12 [edit]

category: リスト集まとめ(完了!)

10

リスト集の犬猫掲載数 

思い立って、リスト集の犬猫掲載数をカウントしました。
これまでは忙しくて、pc上で見ていました。
あらためて、冊子でカウントしてみたら・・・
第一便、すごくズレてました。他もです。・・・ごめんなさい。

・リスト集掲載犬猫数 11/7改定
keisai_kazu130701.jpg

PDFはこちら
 http://2121212121.web.fc2.com/HISAIPET/keisai_kazu1123.pdf

結果、興味深いこととなりました。

官民の別も数えました。
差があります。
これは、一概に環境省・行政の怠慢ではなく、
大震災であっても、これだけを保護する力しか政府から与えられなかったということなのだと、
わたしは解釈しています。
ただ民間の保護数はもっと多いです。行政の6.5倍にあたります。
全国の災害時避難担当の職員さま、このことを何かにお役立ていただけると幸いです。



県動物救護本部では、第五便以降の一斉保護状況が発表されています。
ご活用ください。

■福島県動物救護本部
 
更新情報
・【情報提供】警戒区域内における被災ペット(犬及び猫)の保護活動の実施結果について 2012.10.22
・【情報提供】警戒区域内における一斉保護状況 2012.9.20

110311

Posted on 2012/10/26 Fri. 20:02 [edit]

category: リスト集まとめ(完了!)

26

南相馬市鹿島区 12/9/2 配布開始 

JOYくんは元通り元気になって、顔を合わすたびにキャンディーボイスで悩殺してくれます。
すごく声がかわゆいんですよ。
ただ目薬が鬼門。元気な若者には難しいですね~。おもわず「そんなにイヤなら自分でやりなさい!」と言ってみますが無理~。

120902joy.jpg


リスト集第五便、おかげさまで金曜日の夕方に届きまして、送付しまくってます。
さすがに五回目なので、要領はよくなってきてるみたい。我ながら。
ウィダー飲んでがんばる。

120902gobina.jpg


南相馬市役所に早速持参して職員さんと立ち話。
ペットと一緒に避難されたそうです。ペットも家族だよなあとおっしゃってました。
職員さんもひとりひとりだと話が通じるんだけどなあ(^^;。
「待ってるひとがいますよ」って言っていただけて、ちょっとほっとしました。
ただ「見たら返せー」と内心思ったり(笑)。
実はね、リスト集の前書きにきちんとリターンについて書いているのですが、残念なことに直にお送りした方からしか戻ってこないんですよ。
設置場所に戻してくださってるとか、親戚などに回しているとか、有効活用してくださっていることを願います。

職員さんが困るのが、「どうやって探したらいいのか?」と聞かれるときだそうです。
これには私も、う~~ん、なのです。まったく。
まずは、相双保健所と県動物救護本部に保護依頼をかけてくれと、それから、保護団体にも頼んでくれと、そうしか答えられないんですよね。
飼い主みずからが「自分ちのコを探す」目的では、公益のような随時立ち入り許可がでないんです。
いまだにです。
これは、飼い主さんがあちこちに要求してゆくしかないと思うんです。
防犯の観点から難しいですけど…実現するにはどうすればいいのかな…


それから、今日はじめて、仮設の連絡員の方から送付ご希望のメールをいただきました。
(すみません、お返事がまだですが、先に記事にさせていただきました。ご連絡ありがとうございます。)
春に、にゃんだーガードさんが県内210か所の自治会長さんあてに、「回覧板で回して欲しい」と保護ペットのパンフと一緒にリスト集のチラシも送ってくださったんです。
でも反応はほとんどありませんでした。せっかくご苦労くださったのに申し訳なかったです。
今回、第五便の配布お知らせを送るついでに、こちらのアンケートをとりました。

--------------------------------
※仮設または集合借り上げ住宅にお住いのみなさまへ
これまでいろいろと配布宣伝をしてきましたが、実際の状況がわかりません。
参考のためにぜひ教えてください。
 ・集会所などでリスト集をご覧になったことがありますか?
 ・回覧板や掲示板にお知らせが載ったことはありますか?
 ・行政関係者から教えてもらったことはありますか?
--------------------------------

まだ数件の答えが戻ってきただけですが、
「ない」でした。
回覧板は「なし」。仮設の外に掲示板があって、そこにペットの情報が張り出されることはある。というお答えがあったくらいです。

昨年春、リスト集第一便を警戒区域市町村に送ったときには、可能なら各仮設の集会所にも、ということでお願いしました。
その後仮設数も増え、また同じところに複数の市町村が入っている場合もあり、だんだんと配布状況が変わってしまったのかも知れません。
なので一概に怠慢とかというのではなくて、仕方のないことなのかもしれません。
また仮設のような集合住宅では、お互いが慣れて体制が整い、ペットのことに目を向ける余裕ができるのにこれだけの時間が必要だ、ということなのだと思います。


話は変わりますが、
昨夏のいまごろは、南相馬の職員さんと広報に載せてくれ、ダメだ、そこをなんとか~の押し問答をやってました。結局掲載していただけませんでした…。
自治体では民間の情報をほとんど取り上げてはくれません。
たとえ住民に有益な情報であってもです。
そこが適切な活動をしているのか確認が困難、のちほどトラブルにならないか、住民からの問い合わせがあった際に返答する部署が定まらないと困る、等の理由だそうです。
私的には、もろもろは丸投げしてくれればいいのに、ケチくさいなというのが本音なのですが、仕方ないんですかね。
ならば、テレビやラジオで情報コーナーを作って、営利目的以外なら良しということで、自治体・民間ともに情報を流しつづけるということはできないのかな。
いまさらですけど。
こんな当たり前そうなことが実際はできないんです。大災害時でも。

120902begonia.jpg

なんとなくベゴニアなんて載せてみる


Posted on 2012/09/02 Sun. 19:19 [edit]

category: リスト集まとめ(完了!)

02

南相馬市鹿島区 被災保護動物リスト集お送りします 

■「福島 被災保護動物リスト集第一便・第二便・第三便・第四便・第五便(最終便)」
ご希望の方に、メール便もしくはクロネコヤマト便でお送りいたします。
※里親募集の冊子ではありません。お間違いのないようにお願いします。


○申し訳ございません、リスト配布の申し込みは終了させて頂きました。
2014年11月23日 (弟) 



LIST_HYOUSI_1to5.jpg
クリックで拡大します

  行政・動物保護団体さま、個人ボランティアさまにより原発事故地域から救出され
  ネットにアップされた犬猫 約3200頭を掲載しています。
  このコたちは元の飼い主さんを探しています。
  ※向かって右のバナーからデジタルBOOK版とPDF版がご覧いただけます。

被災保護動物リスト集の制作は今回の第五便をもって最後とさせていただきます。
支援金募集も終了いたします。
いままでご協力いただきましたみなさま、どうもありがとうございました。
みなさまのおかげで再会できた飼い主さんとペットがいます!


 リスト集の作成にあたり、たくさんのボランティアさんにご協力いただいていますので、
 便宜上、会、とは名乗っておりますが基本は個人活動です。
 また、保護活動もしておりません。

 この冊子は、離れ離れになった飼い主さんとわんにゃんの再会を目的として作成しております。
 譲渡動物の紹介冊子ではありません。


下記の要領でお申し込みメールをください。リスト集代金・配送料は無料です。
たくさんの方にご覧いただけるよう、閲覧後は原則としてお戻し下さい。
 (送料ご負担ください)




携帯にお返事をお送りしても戻ってくることがあります。
PC受信設定のご確認をお願いします。 

何度かやりとりをしていると、アドレスでわかるだろうとサインなしで送信される方がいらっしゃいますが、かなりの数に対応しておりますので判断がつきません。
そのような方にはお返事いたしかねますので、あらかじめご了承ください。


 ・メール題名 :『リスト集送付希望』
   (メールを自動振り分けしますので必ずお書きください)

・内 容 :□希望便名と冊数:「第一便・第二便・第三便・第四便・第五便」
      □配送先のご住所(郵便番号をお忘れなく)・ご氏名・電話番号(あれば)
     □なにでリスト集のことを知ったか教えてください 
     □被災者・ボランティア・その他、の別 
      (ボランティアさんは自己紹介と使用目的をお知らせください。
       内容によってはご希望数をお送りできない場合があります)
  


  ※ペットをお探しの飼い主さんに確実にお渡しできるあてのない方は、ご遠慮ください。
  ※飼い主さん以外への送付は、
    到着とその後の経過のご報告をいただける方のみとさせていただきます。



■ボランティアさんへ:
大変申し訳ないのですが、仲介による申し込みはご遠慮ください。
御面倒でも飼い主さんにこちらの連絡先をお知らせして、直にご希望をくださるようお伝えください。
いじわるなようですが、飼い主さんの本気度が知りたいということもあります。
また、ご自分でお申込みいただくことで、ペットのためになにかしてあげられたという気持ちになっていただけるような気がするのです。
こちらの案内チラシ.pdfを印刷のうえ、飼い主さまへお渡しください。





 

Posted on 2012/09/01 Sat. 12:00 [edit]

category: リスト集まとめ(完了!)

01

南相馬市鹿島区 12/8/30 21時半紙まみれ 

お気づきかと思いますが、そそそそっと、第五便のデジタルBOOK版とPDF版、それから配布宣伝チラシをアップしたます。
よろしくです~

がんがんと宅配ラベルやら送付に添えるご案内や挨拶状を作って、印刷しまくってます。
毎度のことながら・・・手間がかるぜぇ。
ちゃんとやりたい性格なんだよね…
でも、データ入力のようなすごい量ではないから、誰かに頼むほどでもないんだよなあ。
考えながら作らなきゃいけないし、ご希望もメールでリアルタイムで入ってくるでしょ。
送って相談してる間に自分でやってしまった方が手っ取り早い。
頑張るしかないか~
頑張った分、再会が増えて一緒に暮らせるなら、いくらでも頑張るのに。

120830OSIRASE.jpg


それにしても今日も暑かった。食えん食えん。くえーん。おまけにやせーん!

午後から雨って予報だったのに見事スルーされました。

Posted on 2012/08/30 Thu. 21:34 [edit]

category: リスト集まとめ(完了!)

30

南相馬市鹿島区 12/8/24 18時半 ワ、ワイル… 

この記事、わたしの思い込みもあったと反省しています。大人げなかったです。12/09/07追記

先日、申し込みが郵便の飼い主さんへの配布案内を送りました。
昨日の飼い主さんは、それをみて連絡を寄越したようです。
メールが出来るようになったからか、もともとできていたのかわからないけど。
だったらなおさら、文頭に「連絡ありがとうございました」とか書くよねえ…。
私は、メルアドがある方なのでてっきりネットが出来るのだと思い、「ブログにデジタルBOOKがあるからそれをご覧ください」と返事してしまいました。
あちらは、自分のメールのなにが私を憤慨させたのか、わかってないと思うけど、結局、送らざるを得ないみたいです。

こういう方ばかりじゃないんですけどね。もちろん。

今日届いた封書です。

120824HUUSYO.jpg


内容は、「最後の案内をありがとう。」「飼い主さんに回す用と仮設設置用と2冊送ってください」というもの。猫をお探しの方です。
以前も、「里親になりたいので紹介してほしい」(ご本人なのかな?)という連絡をいただいてます。

で、ダイナミックでしょ~(爆)
いつも、こんな折り方なんです。
文字がでか過ぎるし、封かんも斜めってるし、便箋も「なぜ、角と角を合わせて折らんのだ~!」と毎回突っ込んでしまう(大笑)
これ、まんなかからエイヤッ!って折ってるよね。斬新だわ。
はじめは引いたけど、慣れると平気。
ご支援も、じっちゃんから、お駄賃もらったような気分になるんですよ。

ほとんどはこういう方です。
なのに、たった1通のメールで心がぼっきんってなる。
弱いな~
強くなるにはどうしたらいいんだろね。


第五便は、数日中に、メールでお申し込みの方に配布の一斉メールをします。
それからブログでも配布のお知らせを記事にします。
こちらには31日に到着し、
9月の初めから配布開始できます!
その頃には涼しくなっていて欲しいですわん

Posted on 2012/08/24 Fri. 18:25 [edit]

category: リスト集まとめ(完了!)

24

南相馬市鹿島区 12/8/23 17時 ちゃぶ台をひっくり返したくなるとき 

この記事、わたしの思い込みもあったと反省しています。大人げなかったです。12/09/07追記

正直に書こう。
リスト集ご希望のお手紙、メール、凹むのがある。

たったの数通のリスト集のために集荷にきていただくのも悪いので、今日、この暑さの中、コンビニにメール便を出しに行って戻ってきたら、一通のメール。

「○です。1~5便まで送ってください。見直したいです。」という内容のもの。
第五便はまだ出てない。ということはネットで知ったのかな?

にしても、なんて無味乾燥な内容だろう。
そもそも宛名書がない。
もしかしたら「被災保護動物リスト集をつくる会」なんてものわかってないのかも知れない。
ただ、メルアドに送信すれば手に入るってかんじか。
おまけに配送先住所もない。
お友達へのメールみたい。
ねぎらいもよろしくお願いしますの言葉もなくって。
昨年の今頃は、一行を打つのに数時間かかりました、なんて方もいたっけなあ。
そういうのとは違うようだ。わかるんだよね…。
道徳か国語の時間に、手紙の書き方ってやらなかったっけ?拝啓、敬具と書けとは言わんけどさ。

ちょっとむかっとして「お友達へのメールではないです」「ご住所教えてください(一応確認しないとね)」と返信したら、「記録があると思いました」だって。
なんかテンションさがるんだよなあ。
こういうメール。少なくないのだ。
わたしはあなたの何?っていいたくなる(T_T)
入力メンバーさんだってかなり頑張ってくれてんだけどなあ・・・
たくさんの方々のご支援やご援助でなんとかやってきたのになあ・・・

第五便でまたこういうのに対処しなきゃいかんかと思うと
気が滅入るんだ。

わたしは事務作業だけだからまだましかも。
レスキューさん達はもっと大変な思いをしてると思う。

http://www.i-info.jp/p/info_book/20120801/_SWF_Window.html
 情報紙に連載してます。22ページ、読んでください。
 ・いんふぉ: http://www.i-info.jp/p/

私は本気でペットを探してて一緒にまた暮らしたいと頑張ってる方を応援したい。
ペットと再会するためにはたくさんの人の力が必要なんだ。
人と人の和を大事にする気持ちがない方は、ダメだと思うよ。

もっと本音をいうと、飼い主さんより動物たちをなんとかしたい。
シェルターで不自由な暮らしをしてるコたちをなんとかしたい。
警戒区域で死にかけてるコたちを助けたい。

飼い主さんすべてに、低姿勢で対応できない。
勘弁して~
もう、いやだぞ!

Posted on 2012/08/23 Thu. 16:42 [edit]

category: リスト集まとめ(完了!)

23

南相馬市鹿島区 12/8/12 21時 見積もりと紙校正あがりました 

第五便の見積もりがでました。
総計138ページ1000冊。及びチラシ2000枚を含め、約100万円です。
これに各所へのダイレクト発送送料と、私からの個別発送の送料が加算されます。
他に諸雑費と税で、おそらく115万円ほどになります。

おかげsummer(ひそかに流行らせたい)で、現在125万円ほど集まっています。

ご支援はこれで終了いたします。
第二便が残数10冊ほどなのですが、ずっと増刷を重ねてゆく訳にはいきませんので、リターンをお願いしてゆきます。

日本国民総人口、一億二千八百万人。
仮にひとり一円いただけたなら、一億二千八百万円なのです。
でも実際は簡単に集まる金額ではありません。。
千円ご支援くださった方は千人分の、一万円ご支援くださった方は一万人分の思いを代行してくださったのだと思っています。

  ほんとにほんとにありがとうございます! 

被災から二度目の夏です。
飼い主さんの中には、諦めず、諦めきれず、探し続けている方がまだいらっしゃいます。
どんなにおつらいかと思います。
また第五便から、せめて数頭でもみつかりますように。

貴重な再会のために百万単位の金額が集まりました。
自分のコのためにこういうことに賛同してくれる人々がいること、ほんとにありがたいと私だったら思います。
公的機関にはできないことだいってくださった方がいました。
民間が力を合わせたからこそです。

  みなさんの応援に心から感謝します。 

いまはあちこちへの配布数の打診や、掲載させていただいた団体・個人さまへの該当ページファイルの送付などをやっています。

お盆が入るので若干遅れます。配布は来月初めには開始できそうです。
頑張ります。


いま届きたてホヤッホヤの紙校正です。

120812kamikousei.jpg


Posted on 2012/08/12 Sun. 21:16 [edit]

category: リスト集まとめ(完了!)

12

南相馬市鹿島区 12/8/7 第五便入稿しました 

おかげさまで、本日、第五便を入稿しました。  
作業が進むにつれ、頭数も増加し、結果的には、600頭を超えました。

50パーセント増量。

一頭でも多く掲載できることはうれしくもあり、また、まだまだレスキューされていないコがいるのだと改めて実感したり、心中複雑です。

先月の開始宣言時は、資金が集まり次第の製本・配布、とお知らせしていました。
見積もりはこれからですが、おそらく大丈夫です。入稿が先!(笑)。
配送費用や、宣伝チラシの分もまかなえそうです。
詳しい完成日がわかりましたら、またお知らせをいたします。

みなさま、ほんとうにありがとうございました!

入力メンバーのみなさま、ご苦労様でした!
そして、印刷のお世話をいただいてますAさん、どうぞよろしくお願いします。



猛暑で頭が変になってるのか、疲れでおかしくなってるのか、よくわからん日々でした。

いやしてくれたのは・・・

大ちゅわんの・・・・・

120807daiame.jpg


アメショのコスプレ

でした。

大ちゃん ありがとっ!


や、やるな~~~!?

Posted on 2012/08/07 Tue. 21:38 [edit]

category: リスト集まとめ(完了!)

07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。