09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

あかんのや~ 

くーちゃんがいってしまってがっくりきたのか、痛みが半端なく強くなってしまった。
午前中は、激痛で30秒も立っていられない。息がつまるほど痛い。うめき声しかでない。
あちこちに椅子を置いてなんとかしのいでいる。
左尻から大腿部裏のジンジンした痛み、しびれに加えて、尾てい骨のあたりもひどい。夜も目が覚めてしまう。
痛みだすと筋肉がぱーんと張ってトイレの調子もおかしくなる。
座ってもいられず、横になっている。
車いすの値段をネットで調べてしまう。
午後なら5分くらいなら動ける。これを過ぎるともうダメだ。

8日午後に個人病院受診。
ここの先生は前に市立にいらして股関節の手術でお世話になった。
混んでる…診察開始時、すでに40人くらい前にいる。ためいき。
それでも1時間半くらいで診察になった。
どうやら診察券だけだして、いったん家に戻るひとも多いようだ。
言われるままに腰を曲げるが、どれも出来るし痛みもない。
レントゲンではわからない。
とにかくMRIを撮ることになり、9日にまた市立へ。

その結果を持って、10日再診。
土曜日なので午前中。もう、ノーメイクだ。

原因はMRIでもわからなかった。
尾てい骨が黒く写っているのが気になるとのことで、
大学の脊椎専門のドクターに相談してくださることになった。
連絡待ち。

経口鎮痛剤、効かない。
座薬処方(ボルタレン禁忌なのでインテバン)。
昨日は、朝使って、やっと午後になって効いてきた。
痛いけど動くのが楽になった。
ほっとして溜まった家事をしてしまったせいか、今日はまだ効かない。
早く効け。

庭が草ぼーぼーになってくる。悲しい。
ゴミやホコリでは死なないから、となぐさめられるけど、それはいずれやれるようになる可能性がある健康なひとのこと。
いまはしょうがないと諦めようもあるだろう。
でも慢性病でいつ動けるのかわからないとなると、そうもしていられないもんなんだよね。
安静で治る症例でありますように。

ネットショッピングで生活中。
少額で洗剤でもなんでもとどけてくれるアマゾンさん、ラブ。
ミルクやパンは、コンビニに行ってぱっぱと買ってくる。車さまさま。

スポンサーサイト

Posted on 2014/05/12 Mon. 15:15 [edit]

category: 膠原病や病気のこと

12

整形受診 

やはし、坐骨神経痛の診断。
レントゲンでは、腰椎のもろいかんじはわかったけど、原因の確定診断にはMRIが必要だそうな。
ステロイドの副作用で膝も股関節も悪いので、負担が半端ないんだろうと。予想通りの結果だった。

内服薬と湿布で様子見。
…いまとおんなじやがな。
ポピュラーな疾患のためか、若いせんせい、満足な説明もなし。
ブロック注射しましょうというが、もしかして数時間歩けなくなるかも、っていうので、嫌な予感がして止めた。

どーも、連休中の病院というのは、なんとなく気合が足らんと感じる。
しょうがないね。にんげんだもの。


朝方から昼までは、かなり痛くて、
血圧と相まって、こんな人生つら過ぎるわ~っといいながら、3分毎に腰掛ける。
カラータイマー、ピコピコなのだ。
ウルトラマンとの違いは、3分じゃ仕事が片付かないとこだ。
患肢をあげてるとちょっと楽で、傍らの台に足をかけながら洗い物。
波止場のパイプ咥えた船員さん状態。
なんか昭和だな~


夕方には痛みも薄らいでくる。
お風呂が効く。
あったまるのが良いと聞き、それでは、とお尻にホッカイロを貼ったら、蒸れてとってもかゆいのであった。

いつまでこんなんなのかしら~~~
今年のガーデニングも、存分にはできないのね。
ハーブコーナー、作りたかったのになあ。

  君も安静ね。

140428ora.jpg

Posted on 2014/04/28 Mon. 18:15 [edit]

category: 膠原病や病気のこと

28

キビシー 

昨日、3度目の高血圧外来。
やっとドクターにも慣れてきたかんじ。お互いニンゲンだから気心知れないと治療も落ち着かないのだわ。
最短の予約でひと月待ち。つまりは処方が合わなくてもこの期間はがまんしなきゃいけない。
これから老人が増えてますます大変になる予感。ぶるっ。

前回処方で日中はなんとか140台に下がるけど、夕方から上昇。
寝る前と起床時は190。
これは交感神経興奮だなと思ってた。
そしたら、あるんだわ、α遮断薬という種類の降圧剤が。
ステロイドを飲むようになってから、自律神経がゴタゴタになってしまって。
そういうのも関係してるのかな。
冬期間に服用するひとが増えるそうだ。

α遮断薬、利尿剤、ARB、Ca拮抗剤。
フルコースのおかげで下がったけど、今日は120でショックぽく…。
脈はタヒって苦しいし、末梢血管をいじるので手足が吊って仕方がない。
とにかく疲れて、薬効が最高に達する時間帯はフラフラだ。
身体が慣れるまで様子見だわ。

でも製薬会社のサイトをみると、「一日○錠まで増量可能」なんて書いてある。
げー、倍だ。
もっと飲んでるひともいるんだなあ…。
ともかく、この冬の、「わんにゃん残して死ねないっ」、って不安からは救われたと思う。
ウグイスもさえずってるしね。
がんばらなきゃ。

膠原病の治療法はカタツムリみたいな発達具合だけど、罹患人口の多い分野はめざましいもんだね。
なにごと治療法があるのはうれしい。

一日塩分5グラム中。調味料を減塩に変えるだけでけっこう減らせる。
素材がいいと、オリーブオイルとペッパーだけで食べれるんだよね。
もう、ケンタッキーはしょっぱくて食べれないかも~。
年末からずっと禁酒してる自分をホメてあげよう!


Posted on 2014/03/28 Fri. 18:45 [edit]

category: 膠原病や病気のこと

28

冬眠中ですね 

寒いですねー
昨日の朝は、温水器がストライキでお湯がでませんでした。

またお薬が変わって、日中はそこそこの値で過ごせるようになってきました。
以前からの起床時高血圧が残ってて。
冷え込みが厳しくて部屋から部屋への移動でさえまだ怖い。いろいろとしんどいです。

そろりそろりと動いていたのも、思考を邪魔する頭痛も、降圧で、よくなってきました。
せっかくなので食事の一日塩分6グラムに挑戦中です。
こんなにがんばってるのに、激しい咳でまた副鼻腔炎が再発。めんどくせーですわ。

ただひたすら、動物さんたちのことが心配で。
自分に何かあったらいったいどうすればいいんだろうって考えただけで、動悸がして血圧が上がってしまいます…。
レンレンが来た時に、激しく狼狽してたのもそのためで。
動物と暮らしてるひとは、そうだよね。

外見はステロイドのせいで普通の太ったおばさんなので、包帯を巻いてるんでもない内科の病気は理解してもらえないもんです。それもつらいですね。
先日、長年お付き合いのあった方から、「わたしも持病で身体が悲鳴をあげてるのよ。」って海外旅行土産を渡された時にはさすがにがっかりしました。
以前から何度かこういうことがあったので、もうご縁が切れるのは仕方ないですね。
私は膠原病歴27年です。どれだけのことがあったか、どんなにたくさんのことを諦めてきたか、普通の暮らしをするだけのことにどれだけの努力を伴うか、そのひとはわかってくれていなかった。
世の中にはわからないことがたくさんあって、何事もひとそれぞれの苦労があります。そういったことを完全理解するのは不可能だけど、でも想像はできるのが大人だと思ってます。
だから私は、たとえ指先の小傷でさえも、それは大変な時(あくまで一時期でもね(笑))なんだね、って聞くように心掛けてるんですが、そういう気遣いが伝わりにくいひともいるんですよね…。
私は物分かりが良すぎたみたいですね。
もっとわがままでもいいんですかね。でもそういうの出来ないし(苦笑)。

いま、朝ドラの「ごちそうさん」が、とっても楽しみ。
今日からはオリンピックも!
羽生くん、やったぜ!
あったかくなるまでもう少しの辛抱ですよね。


Posted on 2014/02/07 Fri. 12:34 [edit]

category: 膠原病や病気のこと

07

きんがしんねーーーん 

ご無沙汰してます。

体調いまいち。
降圧剤を増やしても動くと210まで上がっちゃって、ふらふら。
むくみでジーンズが入らなくなりました。
臨時外来にいったら、なんで担当医のいる日に来ないと、受付看護婦に嫌味を言われ(血圧190の患者ってわかってて。アイツは白衣の悪魔だ~)、がっくし。
でもドクターは優しくてほっとしました。
週一の午前中しか担当医はいないのよ。
来週までがんばらんと~。

なんとか160までになって一安心してたら、ひどい咳で眠れなくなって。
風邪薬と咳止めで胃が痛いやら食欲ないやら。
苦労してます。
いま、声が中森明菜状態。難破船~~~
これから熱も出そうな予感。
もうぐだぐだです。
まだ、ブログお休みします~~~~。
きっと来週にはたぶん復活。

わんにゃんのお世話と買い物はできてるから安心してね。
菓子パン、紅茶で流し込んでます。

ファイオー!自分!!!




Posted on 2014/01/25 Sat. 16:34 [edit]

category: 膠原病や病気のこと

25

無理はしない 

先日の医大病院行きで、激しくド疲れ様。
ここ数日、むくみで足とお腹がパンパン。
血圧コントロールもできなくなって使い物にならないよ(泣)
さすがに服薬しても170を超すとなると頭痛やらめまいやらがひどくて、
ここで死んだら動物さんたちのためにアカン!と切実。
まあ、今年はゆっくりして終わりなさいという犬猫神様のお達しだと思いましょう。

注文してたおせちも届きました。
届いてすぐに冷蔵庫にいれておけば、新年とともにいただけるようになってました。
せっせと作ってくださった方々に感謝感謝。

CIMG9225.jpg


家事は最小限にして、スマホでリバーシばっかりやってます。
最強のレベルにも勝てるようになりました(笑)


 おれは、今朝、リバーシじゃなくてリバースしたぞ

131230watari_2.jpg

 目が白黒しちゃうくらい大量にな


131228watari_ren.jpg

 お後がよろしいようで~~~

Posted on 2013/12/30 Mon. 15:13 [edit]

category: 膠原病や病気のこと

30

は~るばる来たぜ、医大病院 

15年ぶりくらいに、福島医大病院に行ってきました。
飯舘と川俣のふたつの山越えは、けっこう大変で、
ここに住んでいると、直進でゆける仙台の方に親近感が増し、福島市内は縁遠くなってしまうのです。

膠原病(SLEに近いMCTDです)の症状のひとつの、レイノーが今年はひどくなってしまいました。
まさに奇病で、手足指が亡くなったひとのように真っ白になります。(まれに掌全体の方もいます)
それも、不思議なことに関節ごとで、例えば、全ての指の第一関節だけが真っ白なのに第二関節から下は普通の色という、見事なツートンカラーになったりするのです。
冷たくかじかんで動きが悪くなり、長くつづくと皮膚潰瘍を起こす方もいます。
血行障害といわれていますが、詳しいことはわかっていなくて、これといった治療法はありません。

わたしはあたたかくしていれば起きません。寒くて白くなっても温めればすぐに戻りました。
それが、13日の金曜日から、急に左手だけが冷たくなり、とくに人差し指の第一関節のチアノーゼ(紫になる)が消えなくなりました。身体は汗をかいていても、そこは変色したままで戻らないんです。
夜間、氷に触れているような痛冷たさに目覚めることもありました。
だんだんと爪の際の色もおかしくなって、気味が悪くて、昨日、こちらで内科を受診して、大学の皮膚科紹介になりました。
レイノーが原因の血管障害? それとも血管が詰まっちゃった? このまま潰瘍に進んだらどうしよう~!
でも、血管が詰まったにしては進行が緩いし(大昔経験があります)、動きもいいし、変だわ変だわ?
大学紹介、なんて言われるといろいろ考えちゃいます。

  (見苦しい画像ですが、これがどなたかの参考になるかも知れないので…)

131227erino-2.jpg

131227erino-1.jpg

混み合う大学病院、3,4時間待たされるかって覚悟していったら、
紹介状があったのでさほどでもありませんでした。

診断結果は、大雑把にいえば、「あんまし気にしなくていい」(笑)でした。
血行改善薬を2種、処方されました。

レイノーはまだ軽い方だそうです。やはり治せないそうです。
爪の黒斑は、抗凝固剤のワーファリンを飲んでいると起こりやすいそう。
潰瘍の初期症状ではないということでした。
知らんかった~。主治医も知らんかったんだな…。
安心しました。
とにかく皮膚を守るために、暖めておくこと。
それしかないと。

さてさて、久しぶりの院内を見渡せば、
スッチーのようなステキな案内係のお嬢さん方はいるわ(じーちゃんたちがシャキッとすると思う…)、
スタバはあるわ(陰気な雰囲気を払しょく)。
昔、歯がゆかった、融通の利かなかった事務部分が、ちょちょいとPCに打ち込むだけでその場でスイスイ片付いてゆく。システムの電算化ってすごく大きいって実感!
久しく遠ざかっているうちにこんなに変わっていたんだ。
ハードが整理された分、ソフト(職員さん)の対応も余裕がでて、プロ意識が高まってるように感じました。
今回は問診だけだったから、今度は実践医療面も見てみたい。
でも、もうめんどくせーから行きたくない(笑)

昔の職場だったんです。3年もいなかったけど。
当然、昔の仲間も年をとって少なくなってしまって、歩いてる職員さんは見知らぬ人ばかり。
立ってると、若いころに戻ったような気分になるのに、周りからみたら私はただのオバハン。
ずっとずっと、医療とは縁が切れない暮らしをしてても、部外者なんだもん。
さみし~気分になっちゃいました。
もしも、病気にならずあそこで看護師を続けていたなら、どうなってたのかな?
いやいや、それはないわね~。

県庁消費組合売店がローソンになったので、コーヒーでもと覗いたら
相変わらずのカオスのような陳列で、ほっとしてしまいました。


Posted on 2013/12/26 Thu. 16:44 [edit]

category: 膠原病や病気のこと

26

いちじく煮 

ここ2週間ばかり、体調がいまいち。
疲れからの風邪と肩凝り。それがいつまでたっても抜けなくって。
顎関節症もひどくなってきて、どうもいけない。
顎やら踵やら膝やら肘やら、身体のあちこちの関節に問題が出ること、出ること。

咽喉のリンパの腫れがどうにもおさまらない。安静にしてても、治る気配どころか、どんどんひどくなる。
こういうしつこさは危険のサインなのだ。
発熱したら戻れないかも。
原病が暴れたがってる…。
朝、起きれないのもあやしいし。

週一の専門医は、様子をみましょうとしか言ってくれないだろうなと、自分でなんとかすることにして・・・
だって、いまの治療は、検査結果に変化がでないと変えてくれないんだもの。
でも、それじゃ遅いんだよね。
25年も膠原病をやってると、ステロイドのさじ加減もわかってくる。
ドクターは自分で管理できないお薬というんだけど、どうなんだろうな、っていつも思う。
で、ちょっと細工してなんとか乗り越えた感の今日です。
ステロイドを増やすと交感神経が暴れて、イラついたり不眠や鬱になったりデブったりして嫌なんだけど、仕方ない。
とにかく入院はしたくないんだよねー。

身体を冷やさないように、早々に、ヒートテックのタンクトップに変えた。
季節が駆け足過ぎるよ。


先日つくったいちじくの赤ワイン煮。
うちのコは、どんなお料理をつくってもあまりうれしがらなかったけど、これは大喜びしてくれたっけ。
もう残りわずか。もう一度作ろうかなー、でも作りすぎると飽きるんだよねー(笑)

131001itijiku.jpg

Posted on 2013/10/01 Tue. 15:26 [edit]

category: 膠原病や病気のこと

01

困ってるひと 

どちらかというと、ひとりでいる方が気楽で好きだ。
大人数で過ごすのは半日が限度かも。
病気してから、ことさらそうなった。


  ぼくも気ままが好きなほうです。

130914dai.jpg



立ち話は、じつは10分くらいで切り上げたい。足もつらいし呼吸もつらい。
不自由があってしゃがめないのが災いして、私が病気だと知っていても、案外大丈夫なんだなとずんずん話を続けるひとがいる。こちらの都合で話しの腰を折るのも申し訳ないので我慢して、家についてバタンキュー(懐っ!)することもしばしば。そういうひとは毎度そうで困ってしまったことがあった。
おでこに、電光掲示板みたいに「もうしんどいので、終わってくださいませ~」って出ればいいのに。

この病気になって25年。いろいろあった。いまは安定してると思う。出来ないことも多いけど、けど、まったくできないわけじゃない。でも健康人の何倍も何十倍も休まなくてはならない。痛みや苦しさにも耐えている。
それに調子の悪いときは人前にでないものだから、その苦労を知ってもらえない。
家人でさえそう。仕事や学校でいない間に休んで、ときにはお薬を使って症状を抑えて、そうして戻ってきたときは元気な顔をみせるように務めたからか、苦労はわかってもらえなかった。
何事もほんとうのところを理解してもらえないのは、苦しいよね。


筆者は同じ系統の病気。症状はわたしの数十倍辛そうだ。
読んでいて、病状がシンクロして苦しくなる。
同県の田舎育ちだったり、発症年齢、考え方、医師との関係、興味の方向(ビルマとか)、メガネのデザイン(笑)、とか、共通点が多くてびっくりしてしまった。それらをつきつめたら自己免疫疾患の発症要因がわかるんじゃないかと思ったほど。


  ・困ってるひと(病気のこと)


困ってるひと (ポプラ文庫)困ってるひと (ポプラ文庫)
(2012/06/21)
大野更紗

商品詳細を見る


  ・さらさらさん(こっちは難解でさらさら読めないのだった。)


さらさらさん (一般書)さらさらさん (一般書)
(2013/03/13)
大野 更紗

商品詳細を見る


私が発病した頃には、元医療関係者なのに知りたい情報を集めるすべさえなかった。
昔は障がいや病気をもったら最後、まともな自己主張は抑えなきゃいけなかった。日陰者という考え方。うちの親なんか田舎の常で私のことをそう思っている。かたわ者。
肉体労働はできないけど、まったく役に立たないわけじゃないのに。
でもいまは、ネットのおかげで、障碍者も多くを知り、そして声をあげられるようになってきた。ブログなんかもいい手段だ。

発症からのことが、すごくわかりやすく書かれている。
もちろん、この方の類稀な才能と筆致力によるところが大きいんだけど。普通はこんな風に自分を表せない。
この本で、明るく書いてるけど、ほんとのところはかなりディープだろう。
たとえば、ペットボトルのふたが開けられないということ。
健常人が想像するところと、実際にそうなった人間とでは現実感がまったく違う。

この方はまだ若い。どうか無理はしないで欲しい。
でも、そのときそのとき、満足できるように生きるのが大事。


雨風が強くなってきた。こっちの台風通過は夕方らしいです。
植物がんばれ~!


130916taihuu18gou.jpg

Posted on 2013/09/16 Mon. 11:28 [edit]

category: 膠原病や病気のこと

16

しそうのーろーだど 

昨日のことです。
風邪をひいたと思っていたら、どうも違ってました。
咽喉が痛くて右の肩が重ったるい。どうにも起きれなくなって風邪薬と鎮痛剤を飲んでバタンキュー(死語よねぇ)で猫んだ翌日、奥歯の歯茎がぱんぱんに腫れ上がってしまった。

こりは・・・歯肉炎だ。

2か月おきくらいに歯のクリーニングに通ってたのに、震災後サボりがちになっていました。
歯医者さんに行ったら、「プラークが溜まってますよ、歯磨きちゃんとしてますか?」ってまた言われちゃったよ。
なんだか学校の先生に叱られてるみたいな気分になってくるんだよなあ(--;。
丁寧に磨いて歯間ブラシもデンタルフロスもしてるんだけど…。唾液が少ないのはわかってるのよねえ。
で、歯肉炎どころじゃなくて歯槽膿漏だって~
これまでお庭と病気のブログだったのに、さらに熟年ブログが追加だよ~~~ん。
今後は歯のことやら、毛染めのことやら増える予感・・・あーうー

ケアを頑張ってダメだったら歯とお別れです。と脅されて帰ってきました・・・


おなじ熟年でも、ワタリくんの寝相の清々しいこと!

130614WATARI.jpg


  おやつはアウトドアでと決めたにゃん
130616WATARINIWA.jpg


それは野鳥の分だよ。横取り禁止~~~!

Posted on 2013/06/16 Sun. 18:09 [edit]

category: 膠原病や病気のこと

16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。