11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

カラリオハラスメント 

毎年のことなから、賀状の印刷となるとトラブる。

購入してすぐに、ルフィーくんが棚板ごと降ってきたせいで、どうもはじめっから調子のおかしいカラリオちゃん。
さてと、印刷を始めたものの、宛名の下6分の1くらいが印字されないの。
なんどやってもダメ。
本文面はなぜか印刷できた。。。。?

091226COLORIO.jpg


へええ、ピンチ! 時間がないよ。
一枚もできてないのに~


その後、ゆで豆、いや、筆まめの旧バージョンを削除したらちゃんと印字できることが判明。

だが、途中当然ながらインクがなくなった。
「ライトシアンがないの。シアンもないの。交換してよ~。」
とカラリオちゃんがいうので、換えようと思ったらシアンがない。
だませないかなーと思ってライトシアンだけ替えたけど、やはり、

「買ってきてよー。シアンがなきゃ動いてあげないから~」

カラリオちゃんは頑固である。

時間がもったいないので、出かけている間にモノクロ印刷で宛名面を印字しようとしたが、
どうしても、「シアンがなきゃいや~~~!きーーーーーーっ!」

と、納得してくれない。

「おっまえ、賀状一枚印刷すんのに5分もかかるくせに、いばってんじゃねーよっ!」と
のど元まで出かかったが、大人なので我慢して買いものに出る。

なんだかなあ・・・

めんどくせ。といいつつ、なんとか印刷終了。ふう。



そして、今日、

アマゾンから届いた。

091227pixus.jpg

宛名が印字できないと思った瞬間に、慌てて注文してしまったのだ。
確かに狙っていた機種ではあるのだけれど。

先日、 「いつも心に蓮舫を」 と誓ったばかりなのに。。。。

まずい…まずい…まずい…
スポンサーサイト

Posted on 2009/12/27 Sun. 17:50 [edit]

category: 日々のこと

27

年賀状 

早めに買っておいたのに、やっとこ取りかかった年賀状。
考えてみたら、今年は新しく出す方がいない。
子どもの入学で、新しいおともだちの名前なぞを聞いていたもので、出会いがあったように錯覚していたみたい。
ご新規さんがいないなんて、そんな気はしていなかった。
いま改めて気がついた(--;。
ネットをしてなかったら、きっともっとさみしいだろうなあ。

んじゃっと、ついでに、疎遠になってるひとや、いけすかない(死語?)親戚も、
カットしちゃうことにした。かなりフクザツではあるけれど。

だって付き合いのない親戚なんて、親の葬式要員じゃん。
それに、もしも自分のときに連絡が行って、へんに関わってこられてもかえって迷惑。
あたしゃ、小さく小さく密葬でいいもんねー。


  んんん・・・でも、やはり悩む(笑)。



ごあいさつ文ね。

「謹賀新年(きんがしんねん)」と書くと、ついでに「ぎんもしんねん」。もしくは「ぎんはちゃうねん」(?)。
「恭賀新年(きょうがしんねん)」には、「あしたもしんねんやでー」と、つい添えたくなってしまう。。。。。

お正月さまにぶん殴られそうだ。



Posted on 2009/12/25 Fri. 21:19 [edit]

category: 日々のこと

25

イヴ放棄 

小さい頃に住んでいた土地は雪深く、今頃は間違いなく一面真っ白だった。
クリスマスイブには、日曜学校の主催で土地の住民がみんなで集まってクリスマス会をした。
最後におばあさん先生の扮するおじいさんサンタさんが、みなにプレゼントを配ってくれた。
帰り道は、すっかり暗くなっていて夜道を歩きなれない年齢だったのでドキドキしたっけ。
はらはらと降る雪が、踏切の明かりに照らされていた。
友達と、わーきゃー綺麗と騒いだっけ。

クリスマスが大好きだった。

いま、みんな、どんなクリスマスをしてるんだろう。
お仕事のひともいるだろう。遠距離の彼のもとへ向かってるコもいるだろう。
入院中のひと。パーティー中のひと。ボランティアの人。コンサート会場にいるひと。


神さま、
病院勤めなのに、帰って手洗い・うがいをしない、トイレの後に手を洗わない夫に、そうするようにさせてください。
それから、夜、暗くなったらブラインドを下ろすのが常識だと教えてやってください。
朝は、上げるものだと諭してください。言うとムキになってやらないんです。
冬休み中、起きてから夜まで、一日たったの2枚の年賀状を根を詰めて書いている薄気味悪いむすめをなんとかしてください。おまけに臭いのです。
寝込んでるとき、ひとまず洗いおけに入れておいた食器が、翌朝もそのまんまで、結局自分で洗うしかないのです。なにかかたづけの魔法を教えてください。


家族ってちいさな集団よねえ。集団って誰かがやらないと、ほかの誰かがやらなきゃいけなくなるんだよね。
自分の仕事だけこなせばいい工場じゃない。思いやりがないと成り立たないよねえ。

こんなんで、また今年も私がクリスマスの食事とケーキ用意をして、食べさせて片づけて、こどもにプレゼントを渡す。
当然、夫はなんにもしない。すべて主婦の「仕事」だかららしい。
クリスマスもお正月も休日も、すべて「業務範囲」。ぜんっぜん楽しくないのだよ。

今年は、さっさと子供にケンタッキーとケーキとプレゼントを渡してそれで終わりだ。


オーくん、チキンの骨をばっきばきと音をたててたいらげた。

もっとくれ~~~の図。

091224IV.jpg

そうか、美味いか美味いか。
動物さんたちの天真爛漫さがなによりの救いだわ。

いちおう叫ぼう

    メリークリスマス!

みんな、しあわせになあれ!






Posted on 2009/12/24 Thu. 18:32 [edit]

category: 日々のこと

24

しわっす! 

今年はきちんとした冬だ。
寒めー

091218yuki-1.jpg

昨年は全然降らなかったのに、さっさと寝雪になった。18日。
二日で融けちゃった。

091218yuki-2.jpg

光を受けてきれいだったわ。


この翌日、19日。

仙台へ綾戸智恵さんのコンサートに行ってきました。
開催を知ったのがチケット売り出しの一週間後。
午後3時からということもあって、なぜか取れた。らっきー。

LOVELOVE
(2000/04/21)
綾戸智絵

商品詳細を見る


綾戸さんを知ったのはもう10年くらい前。
歌に驚き、人生に驚いた。

 当時の彼女の年齢をとおに越した。


その後の活躍ぶりとキャラの強さに、いったん離れてたけど、
この夏から、一年のお休みののちの復活が大きく取り上げられ
倒れて数年のお母様の介護に専念していたことを知った。

コンサートでは、そんな経緯とか、考えたこととかが、
綾戸さんにしか表現できない言葉で語られもし・・・ほんとにすごい人だと思った。

歌はもうねえ・・・・人生で何人の天才に出会えるだろう。
オーラというのを初めて感じた。

いまの私にとって、コンサート会場へのみちのりは北極にゆくみたいなもんなんだけど
行って良かった。
ただ往復6時間だでよ。もうしばらくはいいな。

会場の客層も、上はおされな70台のおじいさまもちらほら。。一方でアースカラーの波。そのなかにド派手な口紅とイヤリングのおばはん(なんであんなに去勢張ってんだろう?しかめっつらで入ってきたのに、だんだんとうるさいくらいにトークに反応してた。)。バブル期に流行ったセーターの男性(おかあさんの話に泣いていた)。。ああ、人生が満載ですた。
その一員だったんだなあ。。。。(^^;。


これまでの綾戸さんとはたしかに違う今年のアルバム。

GOOD  LIFEGOOD LIFE
(2009/09/10)
綾戸智恵

商品詳細を見る



現実に戻ると、逃げ出したいこと、泣きたいことがいっぱい。
でも、案外たいしたことじゃないのかもしれない。

Posted on 2009/12/22 Tue. 23:28 [edit]

category: 日々のこと

22

おったんぞうび~ 

おかげさまで、本日、26歳になりました~
祝ってちょうだいー!! 
 



いや、真面目な話。
バースデーは開戦記念日。
もう戦後63年なんだって。戦争が終わった時、誰が今の日本を想像しただろう。

栄光なき凱旋〈上〉 (文春文庫)栄光なき凱旋〈上〉 (文春文庫)
(2009/06/10)
真保 裕一

商品詳細を見る


先日、やっとこ読み終わった。文庫で3巻は迫力。
当時の日系移民の状況がつづられている。
もちろんフィクションなのだけれど、ノンフィクションのようなリアリティー。
20代前半の若者3人の大戦での惨状は、読んでいてつらいが読まねばいけないという気持があふれる。
真保さんの登場人物は、理路整然とした心理描写が多くしっかりしすぎている感がある。
その凛とした言い回しがまた魅力なのだが。
実際はただしっちゃかめっちゃの日々に翻弄されるがままだった者が大部分だったはず。しみじみ戦争はいけないと、そう、思う。

どうかぜひ読んで戦争の実態をみてください。
日系移民の想像を絶する辛苦を知ってください。

Posted on 2009/12/08 Tue. 22:24 [edit]

category: 日々のこと

08

おーくん、美味い? 

おとといの嵐記事のつづき。

怒った時はしぶしぶ猫ごはんを足してくれたムスメだったが、
ゆうべ夜中に見に行ったら、またからっぽ。それどころかお水もからっから。
剪定の疲れがでて発熱してて、見に行くのが遅れてしまったのだ。

頼んである場所は、二階で、足に負担の多いわたしには気軽に行けないとこなの。
それにオーくんが付いてきてニャンズに吠えかかったりしちゃう、、、そんなんでお願いしてるというのに。
それでも出来るだけはやってるだよ。
彼女にとってはトイレへの通り道。フードもきちんとそばにキープしてあって、
ほんとにお皿にひょいと入れるだけなの。

 真夜中に怒りのメールを送った。
  ・・・・内容略。
 


今夜は、ちゃんとというか、足してくれたようだ。
さて、叱られたからか、二度目はあるのか?!


オーくん、どう思う?

091207ora-1.jpg




あ・・・

091207ora-2.jpg


君もひとのことは言えない うつけ者よのぅ・・・

091207ora-3.jpg

Posted on 2009/12/07 Mon. 23:12 [edit]

category: 日々のこと

07

雨は夜更け過ぎに~ 

12月はつるバラの剪定期。
今年もビンビンに伸びたモッコウバラ。
背丈よりも高い三脚を上り下りしたり、小山ほどの剪定枝の処理。
正直、もうこの大きさを相手にするのは無理みたい。
家族は、とにかく知らんぷりが得意のふたりなので・・・
え~え~植えた私が悪いんでしょうから・・・

091205pargora.jpg

↑パーゴラ立てて約十年。
縦に走った丸太が腐ってて、去年はきのこが生えていて、今年はちょっと力を入れたら落ちちゃったのさ。


091205ame.jpg

お天気予報通り、午後から雨。

12月の雨は、雪に変わるようでドキドキする。

でも今日はあったかくて、電気あんかを入れたベットから、大ちゃん、はみ出して寝ていた。
夜は、雨に風が加わって嵐になった。

地デジ・・・アンテナなしでこれまで2年、快調に見れていたのに、こんな風になっちゃった。
音も途切れ途切れ。

091205tideji.jpg

うーーーーん。嫌な予感。


でさ、窓ガラスの桟にカビぎっしり、レースのカーテンもカビカビ~。
朝・昼と食事にも降りて来ず、お菓子の生活。根暗どっぷり。
コハク、いちごをはじめ、ニャンズの看病をぜんぜんせず、の娘に、わたしも嵐状態になったのさ。



「犬と猫と人間と」の監督との対談で、富士丸とうちゃんが「好きと大切は違うんだ」っていってたけど
ああ、きっとうちの夫と娘がそうだと思い当たった。
犬猫が甘えて寄ってくれば可愛いけれど、そうじゃなけりゃいなくても平気。たとえ病気で物陰で飲まず食わずで丸まっていても。
マンションにペット置き去りってのの理由「新しい引っ越し先で飼えないから」っての信じられなかったけれど、
きっとうちの人たちみたいな感覚のやつらなんだと思ってしまった。悲しい。


 う、嵐のち氷河期。 

Posted on 2009/12/05 Sat. 22:53 [edit]

category: お庭の様子

05

12月だ 

早いなあ。12月だよ。

11月初めに室内に取り込んだゼラニウムさん。

091202zera.jpg

葉っぱが黄色くなっちゃったりして、あらら~と思っていたら、ベイビーがにょきにょき。

091202zera-me.jpg

春になったと思っちゃったみたい。


お庭は、ケヤキの落葉がすごくてお掃除が面倒(^^;。
いい堆肥になりそうなんだけど、、、捨てちゃう~

お天気の良いときにやっとこお掃除。
枕木が見えるようになった。

091202niwa.jpg

日中かなりほかほかの日もあるので、バラはまだ咲く。
切り花で室内に入れると、温度差でたちまちダメになってしまうので屋外鑑賞。

「バラ色」ってどんな色?
わたしのイメージはこのヘリテージかなあ。

091130heritage.jpg


まだ、猫風邪は気を抜けず。
でもニャンズたちとのコミュニケーションが濃くなったようで、悪いことばかりじゃない。




トイレ部屋を今年もデコったのさ。

091203sakura-xmas-11.jpg

Posted on 2009/12/04 Fri. 23:14 [edit]

category: 日々のこと

04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。