09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

歴史に残ちゃうのはこれ。でも… 

あー、腹が立つ。
官民一体ってなにさ?なに〆てんのさー!まだ続いてるの!

行政と国での大々的な「保護」は半年に一度。
(細々とはやってくれているがそのための予算はほとんど降りていないと聞く。)
いつになったらペットたちを飢餓から助けてくれるの?
結局、ずっと警戒区域で給餌・給水を続けているのは、民間団体のみ。
それも犯罪者扱いのまま。

「ペットは置いて行け」「避難バスには乗せない。」「避難所には入れない。」といったのは誰だ。
現状を世間に伝えることもしていないんだから、ボラが不足するのは当然のこと。ブログでも作ればいいのに。

獣医師会って、行政との連携とちょいとした医療費補助以外、具体的になにをやってくれたの?
活動してたのは一部の獣医さんだけでしょ。

こういうことばかりが、資料として歴史に残ってゆく。

http://www.knots.or.jp/corporation/2011/06/ws6-2012/#kawamata

ここで、みなさん、本音言えてるのかな?
行政・国が保護したより、民間が「犯罪者」扱いされながら保護した犬猫の数の方が、圧倒的に多いという事実を誰が報道してくれてる?
「やった」ひとの声は、もういい。
避難者が、これまでの国と行政、そして民間の活動をどう感じているか、避難者にどう役立ったか、聞いてみて欲しい。

あ”~、書き殴りだー!

Posted on 2012/10/25 Thu. 18:45 [edit]

category: 日々のこと

25

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/1004-7fff33d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。