05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

福島県の試み 

昨日獣医さんで貼り紙を見つけました。
sousou-1.jpg

南相馬市の相双保健所さん。
sousou-2.jpg


保護地がばらばらだし、たくさんの保護犬の中からどうしてこのコたちがピックアップされたのか、はっきりとはわからないのですが、里親募集になってるのはうれしいことです。
管轄区域内には、相馬市やら南相馬市やら、警戒区域以外の区域のコも含まれています。現在、そこで保護されたコたちは殺処分対象なのですが、実際はこうして里親を探してくださっているんですよ。これがいつまでも続いて欲しいな。


三月の空気は、なんだかざわざわします。
寒気が緩んでうれしい反面、なんとも思い出したくないものを思い出させられる感じ。まあ、仕方ないですね。

県から、「県民健康調査票」が届きました。昨年に続き2度目です。
『「こころ」や「からだ」の健康状態をおうかがいし、必要に応じて保健・医療・福祉・生活に関する情報を提供し、適切に支援させていただくため、「こころの健康度・生活習慣に関する調査」を行っております。』とのことです。
kenmintyousa-1.jpg

なかはアンケート形式。
kenmintyousa-2.jpg

目が覚めて眠れないことはないか?とか、不安で日常生活に支障をきたすことはないか?とか、そういうことが答えやすく問われています。
きっと今後数十年お答えすることになるのでしょう。それでやっと詳細なデータが集まるんですよね。


それから、このファイル。「県民健康管理ファイル」。
kanrifile-1.jpg

これは今年初めて届きました。いまのところ、主に避難指示等がなされた区域の住民対象だそうです。
線量測定値や検診結果や受診状況を記録しておいて、診察時にお役立てください、とのことです。
それから放射線に関する情報ページがありました。
福島県の小中学校では放射線教育が行われています。
「正しく恐れる」ことが目的です。我が家には小さなコがいないのでどんなものかと思っていました。
おそらくこのページ内容のようなことでしょう。

  以下、クリックで拡大します。
kanrifile-4.jpg

kanrifile-3.jpg

kanrifile-2.jpg

もちろん別途、被ばく状況データ集められています。


放射線障害についての詳しいことは、まだまだネガティブです。。
急性障害も出ていないし、ほとんどの住民への被害は恐れるほどではないような気がしています。ただ子供さんへの被害はわかりません。

いま、原発再稼働を求める声も上がってきています。
原発が破壊されるような大地震や隕石がぶつかってきたり、そんな確率ははごく低いものかも知れません。
でも、もしもそれが起きた時、やはり、今の基準では、ふくしまと同じ避難をせざるを得ないはずです。それ以外の方策を政府は提示できないでしょう。
避難住民のリスクは計り知れません。避難を免れた地域でも衰退は避けられません。
ふくしまのデータが集積され、ほんとうのところがわかるまで、再稼働・稼働はなされるべきではないと、わたしはそう思います。

Posted on 2013/03/07 Thu. 22:52 [edit]

category: 日々のこと

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/1075-4c40ba88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。