05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

土に還す 

梅雨に入ったみたい。

一日降り続いたあと、庭にでてみると雑草がにょきっと伸びている。
ツルものなんか1メートルも伸びて灌木に絡みついてる。
やめてくれ~!
雑草とりは好きじゃない。ヤブシバリは引っ張るとプチンと抜けるけど根がしっかり残っててまたすぐに出てくるの。もう拷問だわ。

それでも今年はすんごく頑張っていて。
早め早めにまめに刈り取ることにして、なんとか見れる状態をキープ中です。

それというのも、納骨したくて…。
おりんちゃんと菊ちゃんとルフィーくんの遺骨。
他のコたちも眠っている庭。
庭中、墓だらけの感もあるけれど (=^ェ^=) 。
いつかは土に返さなきゃと思いながら時間が経った。

冬は凍えちゃうから…夏は暑いから…、春はこれから夏だから…。
なにかと理由をつけては先延ばし。いつかはできる日がくるのだろうと時を待ち。
やっと気持ちの整理がついた。このコたちは私の周りにいる。お骨はひとつのかたち。そう思えるようになりました。

で、庭をみると、、、Σ(T▽T;)。自然が相手なので際限がないのです。
なのですご~く庭づくりに頑張っていたのですよ。


8年前におりんちゃんのメモリアルにといただいた稚木のさくらの根元に納めました。

ひさびさにみるお骨は、みな小さくって。可愛くて可愛くて。
ルフィーはちょっと焼き過ぎ?って感じ(--;。
菊ちゃんはもろかった。うちに来るまでに苦労したんだろうね。
おりんちゃんは荼毘のとき、立派な遺骨ですね、と褒めてもらったとおり、骨頭もころんと美しく、脊髄もお手本のようにしっかりとした形で残ってました。marvelous!
ああ、お骨になってもこのコたちは私を励ましてくれているのよね。


千の風になって、の通り。
あそこに眠っているわけではないのだよね。
亡くなってもなお、一緒の時間を過ごしているって感じます。
こういうのを愛というのだよな…。

130618ohaka.jpg
 春にはツリガネ草がたくさん咲きます。


ヤフオクで買ったどんどん増えるアルストロメリアさん。
130618arstoromeria.jpg


西洋アジサイのサマースノーのホワイト。アジサイのなかで一番先に色づきます。
となりのクレマチスも盛りです。

130618summersnoww.jpg

こちらはサマースノーのブルー。

130618summersnoub.jpg

ハナアブさん?ご一行さま。 雨宿り中。お食事付き。
130618amayadori.jpg



おととい頑張って、まだ身体が痛い。前屈できない熟年っす。

Posted on 2013/06/19 Wed. 13:22 [edit]

category: わんにゃんきんぎょあり

19

コメント

いつも一緒です 

うちは骨つぼを二つ並べています。
昨年旅立ったジョッキー♂と10年程前に旅立ったジョッキーの先妻です。

実家も田舎もなく転々としたアパート暮らし。子供の頃から定住はした事がありません。最長で十年かな~
ですから、埋める事も犬猫墓地に入れる事もできずに手元に置いてあります。

たまに線香をあげるだけ。成仏できているかどうか。
けど、いつも一緒にいるからいいかなって???

でも自分が死んだらどうなるのだろう。家だけではなくて自分の墓もないし家族もない。
自分は無縁墓地であの子達は廃棄物に…
まだ4匹います。自分の生き方の誤りに気付くと共に、飼う資格はあったのか?
そんな事を考えてしまいました。

URL | オイカワ #gh2snwKY | 2013/06/25 03:32 | edit

 

>オイカワさん

いつも一緒。うんうん。
老齢のわんにゃんってこころが広いですもんね。
こっちの思いに応えてくれる。

うち、庭に埋葬できても、オイカワさんとおんなじです。

わたしがいなくなったら、きっとここは更地になるの。
お墓もショベルカーで掘り返される。
大事な樹木も草花も引っこ抜かれる。
植物さんには、いつもそのときはごめんねって言ってます。植物は種で世界のあちこちに命が広がってるから、ここでいなくなっても命はつながってる、なんて勝手に思い込んでます。

ただ動物は残してゆくなんてできないからねえ。
神様に日々、みんなを看取るその日まで、私をお世話できるようにさせてください、ってお願いしています。
そのために自分の養生もするし、できる限りのこともするし。
そこまでやって、お骨になったのなら、あとはわかってもらえるような気がします。心は一緒ですもんね。

わたしらの年は、無鉄砲に生きれるほど若くもなく、悟りを開くほどの歳でもなく、一番つらいところかも知れないって、最近しみじみ思うんです。
オイカワさんみたいに、動物と暮らすことを真剣に考える飼い主さんのことばを聞くとほっとします。同類ね。あは。

URL | わかにゃん #06McamLQ | 2013/06/25 18:07 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/1117-0463b059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。