07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

親のこと 

ちょい用事で実家に電話をした。
昔と違って、こちらも上手に現状を伝えられるようになってきている。
以前なら、体調を話せば話すほど、親の嘆きを誘うことになってしまい、ただ淡々と正直に話すということはできなかった。
でも今は、両親も老いて、ある意味、達観視できる余裕がでてきたよう。
わたしもいい年になっちゃったし(笑)。

ウマの合わなかった母とも、彼女の弱さを受け止められれば、そんなんでもない。
おりんちゃんが亡くなったとき、即座に駆け付けてくれて、ちゃんと死に水を取ってくれた。
荼毘のとき、つらいなら付き添うぞとも言ってくれた。うれしかった。
動物きらいな彼女にも、おりんちゃんは特別な存在だった。
父とは、夫婦仲悪そうで、なさそで、半世紀近くもも連れ添ってるんだから、きっと戦友みたいな思いもあるんだろう。
めっきりお酒の弱くなった父を気遣って
「ひとりで飲んでることが多いから、○さん(夫ね)に遊びに来るように言って」などという。
これまで私が、むっとしてきた母の言動の中には、誰かのいつかのためのおせっかいも含まれていたのかもしれない。
とにかく丈夫でいてくれるのでなにより。
私がこうなので、世話にならなくてすむようにと頑張ってくれている。
多謝。

父の持っているパソコンの製品表示のことでの電話だったのだが、
夜になってから父本人と話したら、
「細かなものが見えづらいので、明るくなってから知らせる」という。
そんなに見えないのかと、どきりとした。
加齢と、数年前の網膜剥離・白内障のオペ。
自分も白内障オペはしているが、若い分、父の年齢の予後とは、格段にちがうんだろう。
「このまえ、タラノメを採りに行って、見えなくてうっかり眼鏡を壊してしまった。でも補償で安く直った」のだそうだ。
「(若い時から歯が悪くて固いものが食べれない)かあさんに食べさせてやろうと思ったのに」とも。
なんかホロリ。

若い時は、手先が器用で日曜大工もなんなくこなし、サイドボードをつくってしまった人だ。
機械もけっこう詳しかったと思う。
それが、型番さえ読めないなんて。。。。
時間とはそういうものとはいえ、なんだか苦しくなった。

いずれ、新しいPCをもって訪ねてやろう。


ちなみに、そのPCは、ここんとこの衝突でムスメから取り上げたヤツだっちゃ。
おまえにゃ、宝の持ち腐れじゃ。



Posted on 2008/04/28 Mon. 23:22 [edit]

category: 日々のこと

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/130-cdd0a099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。