07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

外来にはベートーベンが似合う 

先週の呪われた外来受診(笑)の反省を教訓に、今日は気合を入れて出発!
何事もなく到着した。

相変わらずの、じじばばカラーの待合室。
整形で通院しているM市立病院とは、患者の平均年齢が10歳以上は高い感じだ。
それもあってか、呼び出しは放送で行われ、それも各外来・会計・受付と複数なので
さながら上野駅みたい。
うるせーーー!

でも今回は、どこでもインターネットがついてるもんねー。
そのためにプロバイダーを変えたのさ。
じいさんの痰のからまった咳も、診察室からでてきて、待合室でやおらズボンを下ろして下着をなおすおっさんも、ドンマイドンマイ、マイペンライ。

レッツノートでWEBを観てれば時間なんてあっという間。
クラシックを聴けるサイトを観ていた。
http://www.voiceblog.jp/andotowa/
作曲家や曲のエピソードも書かれていて面白い。
音源がデジタルなので、音がぺこぺこしている。それはそれでまじめな小学生の演奏のようでおもしろい。
逆に、しみじみと人の手による音の素晴らしさを知る。

パッヘルベルのカノンは周りがうるさすぎで「静かに聞かせろ!」とムカついてくる。
ヨハンシュトラウスは明るすぎて、逆に暗くなる。ブラームスも然り。
ショパンのノクターンは場所柄笑えない。
しっくりきたのは、ベートーベン。
熱情とか、どんぴしゃだった。
家で聞くと重たすぎるのに。
意外な発見。
今度から、ベートーベンとともに外来にゆこう。

次回は、ドクターに「冬は(感染度がアップするので)病院に来たくないです。」と断言して
八週後にしてもらった。しめしめ。3月11日。春じゃん。
お薬が三角袋に満タン。これがみんな高級チョコだったらなあ。



Posted on 2009/01/14 Wed. 23:07 [edit]

category: 膠原病や病気のこと

14

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/312-102d7945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。