09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

降圧剤とか 

水曜日、膠原病の外来へ。
血圧の記録をみせると、高いねえとドクター。
で、循環器科でフォローしてもらえとのたまう。
・・・やっぱな。ムキッ。

このひと他科紹介ばっかし。お薬もだしたがらない。
慢性の膀胱炎でも、泌尿器科にゆけ。
風邪が治らないというと、耳鼻科にゆけ。
そんなに暇じゃありません!
インフル?で40度近い発熱をしたときも、週一の診察日があわず、
自分でなんとか乗り切ったのだ。

まして、膠原病だというと、どの科のドクターも、「一応は診察するけれど、最終的には膠原病専門医になんとかしてもらえ」という。
そやあもっともなはなしで。
それができるから「専門」っていうんだろーがー

結局、間に立たされて泣きを見るのは患者なのだ。
ムキッときたから、はっきりそう言ってやった。

そしたら、一週間に一度の派遣では、たくさんの患者を抱え過ぎてそこまで診れないと。

だから、
「そういった問題は、大学なり県との間でそっちで解決してくれ。
患者に言われても困る。」といった。

「僕は膠原病の腎臓を治療するのです。」とドクター。

膠原病にはステロイドも免疫抑制剤もつきもの。
当然つきまとう副作用の治療の手を抜いてもらっては大弱りなのだよ。

ほんっとに「大学のおいしゃさん」。
開業医にはなれないね。
あ、開業医は「ぼくの病院では設備がないので」って。大学に回すもんなあ。

ほんと腹立つわい。

降圧剤増量の処方。
ここ数日、コントロールでふらふら中。

次回の受診も牙をむいてやるー。

がるるるる~

Posted on 2009/06/06 Sat. 22:43 [edit]

category: 膠原病や病気のこと

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/371-f1c5b57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。