07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

南相馬市鹿島区28日23時半 

宅配営業所止め復活ということで、たくさんのご支援の声をいただきました。
ほんとうにありがとうございます。
ただいま、結婚祝いの割り振りを戸惑う花嫁のようになってます。
お店がどんどん開いてきましたし、ネットショッピングも可能になって、
ひとまず我が家の生活は、ニンゲンも動物も不足なくいられるようになりましたのでご安心くださいね。


コメントで教えていただいたツイッターで、給油のできるスタンドがわかりました。
9時からだというのに、すでに11時。
ダメ元ででかけてみました。
被災後、ずっとムスメをひっぱりまわしてコキ使っていました。
さすがに今日はおつかれさん、ということで、本日の同行者はワンコのオーくん。
だって、やっぱりひとりででかけるのは恐いし寂しいんだもん(笑)。

110329ORA.jpg


できましたよ。給油!
6号国道沿いの西給油所で、整理券を配っていました。173番。
ここは一日200台くらいまでだそうです。ぎりぎりでした。
満タンに入れていただきました!4000円分。「F」の文字振りきれました。
整理券を配っていらしたのはボランティアのお兄さんで、お兄さんの済む山側の地区は避難で一時人が減ったものの、現在はあっちもこっちも明るいな~ってくらいに戻ってきているそうです。

ついでにコンビニのATMに立ち寄り、それからワンコに会いにゆきました。
あ、ダイユーエイト鹿島店が再開してましたよ。
ここで生活雑貨が買えます。
相馬市が元気になり、鹿島区が元気になれば、おとなりの原町区の方もこちらに来て買い物できる。
町が再生できるんです。
原発おちつけ~~~


中学校のワンコ、自転車置き場のコンクリートの上で過ごしているので、追加のお布団と段ボール持参。
キャットフードの缶詰を持っていったら、1匹はかなり夢中になって食べてくれました。
ぜったいにワンコご飯よりニャンコご飯の方が美味しいんだわ。
もう1匹は人に唸るコです。偏食なんだそうでくんくんしただけ。でもだんだんと慣れてきてくれてるような気がします。今日は自分からわたしのスニーカー@他のワンコのンコを踏んだ、の臭いをかぎに来てくれました。

夕方は、ビーグルに会いにゆきました。
またへこへこされました(笑)

110329BG-1.jpg


ここは飼い主さんが戻って来てお世話をしている感じがあります。
このコは表情が明るいので救われます。
でも室内からも小さなワンコの声。あらら~


で、いいことがありました。
固定電話が通じたんです!
まだだよなーと思いつつ、電源をいれてみたら~
水道同様、しれ~っとつながりました(爆)
祝フレッツ光、復活!


佐川急便営業所止めでヤフオク品を受け取ってきたので、通信環境は完全復活です。
白ロムスマフォと家以外での通信用のデータ通信専用機L-05A。
被災者でも宅配とヤフオクがあれば、こんなものが手に入る。
たまげる世の中です。
ところで、先週初めの通信機故障時に、ガソリン量も気にすることなく駆けつけてくださった福島市内のSさまの改造携帯すごいんですよ。通話と同時に通信ができるんです。ブラボー!こんな方とご縁がもてた私は強運です。
ほんとに助かりました。



さて、原発の終息が見えず、しんどい毎日です。
両親は浪江町在住で現在二本松に避難中なんです。
集団でいる安心感はありましょうが、夜は寒くて大変だそうです。
これで身体を壊されては・・・


これまで、風評被害と置き去りペットのレスキューの二問題について書いてきました。
南相馬市は、原発に近い方から、小高区・原町区・鹿島区の3つの市町村が合併してできた市です。
小高と原町は「避難勧告地域」。
鹿島区はほとんどが「屋内退避区域」。
我が家は、屋内退避区域から外れたところです。
なのに風評被害で物資が入らず生活困難との判断で、市が17日に避難バスを出すことを決定。
自家用車での自主避難者も含めて、この鹿島区でさえ、人口の10分の9ほどが去ってゆきました。

おどろくほどの動物が置いてゆかれました。
中にはこのやろーってヒトもいるんですが、大半はそうではないと思います。
飼い主さんも動物たちもどんな思いでいらっしゃるかと考えるとたまらなくなります。
けして動物が邪魔だったわけではなく、こどもの将来のために泣く泣くという方もいらしてたでしょう。
(今日買い物に行ったときに、鹿島区の方で、いったんむすめさんを津波から助けた後、ワンコを助けに戻ってさらわれてしまったお母さんがいらしたと聞きました。ご遺体はまだ見つかっていないそうです。いえ、ひとがいなくて探せないんです。)
自分のためというより、守るべきなにかのために動物たちを置いてゆかざるを得なかったのだと思います。


避難勧告区域は報道陣もあまり入れないようです。

ですが・・・
コメントをいただた方から教えていただきました。ありがとうございます。
勝手にリンクさせていただきました。

報道カメラマン、山路さんのサイトです。

http://www.apfnews.com/

現状を知ってください。
ツイッターも読んでくださいね。

放浪犬だけではなく、室内には小型犬も猫もいるはずです。
牛、馬も。

どうか、これ以上命がなくなることがないように。
これ以上皆が苦しむことがないように。
置いてゆかれた動物たちをなんとかできないでしょうか。

Posted on 2011/03/28 Mon. 23:41 [edit]

category: 日々のこと

28

コメント

 

初めまして…
福島の皆様、犬猫ちゃん達の事がとても気になっております。
以下、サイトよりコピーしました。
皆様が一日も早く、ペット達と一緒に安全に暮らせます様に!!



避難所のご案内福島・原子力発電所の放射能漏れにより避難指示が出ている30km圏内にお住まいの方、または30km圏内から避難されている飼い主のみなさまへ

ペットとともに滞在できる避難所について相談を承っております。
入所ご希望の方は、以下の問い合わせ先までご連絡ください。

<入所条件>
? 福島県で避難指示が出ている30km圏内にお住まいの方、
  または30km圏内から避難されている方
? ペットは宿泊施設に隣接した、ペット専用テントでの飼育となり、
  飼い主さんご自身に、飼育ルールを守ってお世話いただきます

<定員>
20家族程度
※できる限り、ご家族単位で部屋割りを検討したしますが
 相部屋になる場合もありますので、ご了承ください。
<設備と支援内容>
宿泊施設:食事(3食)・寝具(ベット)・風呂、トイレ
     洗濯機、インターネット接続PC(ホールに2台)など

その他:ペットの飼育に必要な物品とワクチンや狂犬病予防注射など

<受付期限>
第一次締め切り 3月31日(木)
※応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。

<お問い合わせ>
緊急災害時動物救援本部
避難所担当 saigai@jpc.or.jp

入所希望の方は、
上記メールアドレスまで以下の内容を添えてご連絡ください。
追って詳細をご連絡いたします。

・代表者 氏名(ふりがな)
・電話番号(連絡がとれる番号)
・現在生活している場所(住所・避難所名など)
・30km圏内のご住所
・入所希望者人数・年齢・性別
・ペットの種類・頭数
・移動手段の有無

URL | いなり #- | 2011/03/29 01:49 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/03/29 04:49 | edit

こんにちは。 

わかにゃんさん、こんにちは。
かわいいわんちゃんですね。タイプですe-446
先日山路さんのツイッタ―みせていただきました。
4月1日からレスキューに入るそうですね。頑張って〜!
私も一人では何もできないと思い、エンジェルさんのボランティアに登録させていただきましたが、素人はすぐにはお役に立てないみたいです。
エンジェルさん達も、滋賀県からレスキューに入ってるみたいで、尊敬します。
何か必要なものはありませんか?
フードだけでも運べます。
http://tukibue.blog.so-net.ne.jp/
私のブログです。

URL | よしえどん #- | 2011/03/30 13:35 | edit

ありがとうございます 

わかにゃんさま、
今日初めてブログを知りました。多くの置き去りわんこたちのお世話、ほんとうにありがとうございますペットたちのこと、本当に気になっていて、悲しい話を聞いては涙するだけだったのです。なにせアメリカに住んでいるもので、募金することと募金をお願いすることくらいしかできることがないのです。
わかにゃんさまのブログで、本当にほっとしました。できることが何もないのが残念でたまりません。
応援してます。どうかがんばってください!

URL | みか #- | 2011/03/30 13:51 | edit

 

福島県の県庁や浪江町や、二葉町を管轄する保健所へ動物物資の支援いるか電話すると、
とりあえず間に合ってるといわれました。
また、愛護団体等で結成された救援本部へ電話しても今日は十分あつまってるので、2,3日後に福島県など各県におくるので、その後は倉庫はあくので送るなら3日後に、という感じでした。

どうなんでしょうか?
各団体も、どこが物資を必要としてるのか分からない様子です(ARK東京会など)
餌や救護が必要な 地域や地方のボランティア会はツイッターでもなんでも掲示板に書き込んだ方がいいかなとおもう次第です。
餌をどこかに送ろうとあちこち電話した結果、ネットもみても、
なんだかどこも「間に合ってる感」があり、送るのをやめました。
(愛護団体には先日寄付5万しましたが)物資を本当に必要としている、きっとネット環境のない人たちがどこにいるのかわからないですね。

URL | 通りがかり東京のもの #NJsiWxd2 | 2011/03/30 17:29 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/03/30 17:59 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/623-3efad084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。