05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

南相馬市鹿島区 4/12 22時半 

毎日毎日いろんなことがあり過ぎて、昨日のことさえずっと昔に感じてしまいます。
昨日、夕方の地震は大きかった。
でも、こちらは地盤が丈夫らしく、一晩、揺れはしたものの大事には至りませんでした。
もう、揺れてるのが当たり前みたくなっています。
ワンコは地震に弱いものですが、うちのオーくんでさえ、慌てなくなりましたもん。

進化です。バージョンアップでございます。おー、まーべらす!

平気とはいっても疲れたんでしょうね。
ついに朝の血圧が200アップになってしまいました。
お休みですね。
こういうのを、「本当に必要な避難指示っていうのよ。

でも電話はできるので、ワンコつながりで知り合った身体障害者の飼い主さんのケアを、南相馬市にお願いしたり。
メールでお知らせしたらすぐにお電話いただけました。
やはり飼い主さんが絡んできますね・・・


午後にお薬が効いたのを確認して出発。

計画的避難区域での保護活動は時間がないと感じます。
検問が厳しくなっています。
被ばく量を減らすために、もっと大切なものを捨てさせられていると感じます。
たかが甲状腺ガン。
世の中、もっと恐ろしいものがごろごろしてるのに。


小高に向かう途中の屋内退避区域の磐城太田あたりです。
ノーリードのコがひょこっと出てきます。
110412oota-2.jpg
110412oota-naga-1.jpg


保護をボランティアさんにお願いするために、写真を撮っておこうと小高金房小向かいの秋田犬のいるお宅へ。

なんとすでに保護済みでした!

福島市の「SORA」さんにお会いできました!
http://blog.goo.ne.jp/sora-fukushima

同じように、ここの秋田犬をずっと気にかけていてくださったそうです。
わたしは飼い主さんがときどき世話をしてるんじゃ?と淡く期待していたんですが違いました。
大きなワンコですから、軽トラを調達して運ぶことになったそうです。

ささっと、犬2匹、猫2匹も保護してくださいました。
車が一杯とのことで、私が考えていたコまではお願いできず。残念。
でも、さすがのお仕事ぶりでしたよ。
福島市内だって被災地なんですよね。

さて、思案のワンちゃん。
缶詰16個平らげたコです。毛がフェルト化したコです。
110412fert-1.jpg
110412fert-5.jpg

とても優しいコで人懐こいんです。
数回顔をあわせたので覚えてくれたみたい。
にこにこして寄ってきてくれます。
なので、、、、連れて来ました。
てっきり女のコだと思っていたら、男子でした(^^;。
かなりの美系です。通称「王子」。
いま、22時ですが、、、、啼きまくっています。
ご近所が気になります・・・

王子を乗せたまま、
次の目的地へ

多頭飼いなので避難せずに残っていらっしゃるということで、フードをお届けしてきました。
避難指示区ということで、お買い物も不自由な状態なんですよね。
おかしいですよね。
住民なのに。

さらにゴミ置き場にいたニャンコにもフードとお水。

パトカーが脇を通り過ぎ、どきりとしました。
でもなにもありませんでした。

そして、旧国道沿いのつながれているワンところへ。

このコは問題です。
避難うんぬんの前に飼育放棄だったんじゃないかしらというほど、ひどい状態です。
どこで寝てたの?
お散歩はしてもらっていたの?
おびえてしまって可哀想です。
怒りが込みあげます。

 バカは動物飼うな!!

110412boss-1.jpg

幸い、二頭とも、あるレスキュー団体さまに保護していただけそうです。


レスキュー団体さま、すごいですね。
一頭でも助けたいと全力をつくして頑張ってくださっています。
ほんとうにありがとうございます。

こちらは、先日、白ジイわんでお世話になった「cat's 21」さん
http://santa1280.exblog.jp/

山路さんのツイッターに登場です。
 http://twitpic.com/4ixal7


みんな正義のヒーローです。

 保護のあとが実際に大変なんです。
 動物さんが安心して暮らせるように、どうかご支援くださいませ。


それにひきかえ、日本政府。
福島県の存在を消してしまうつもりなのでしょうか。



こちらもご協力を!

「犬猫救済の輪とTNR日本動物福祉病院」さんが、首相官邸にメールで呼びかけをお願いしてます。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-category-47.html



Posted on 2011/04/12 Tue. 22:37 [edit]

category: 日々のこと

12

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/04/13 00:15 | edit

 

秋田ワン、ちゃんと連れていってもらえて良かったです。
かなりの体力、気力、覚悟が要ったかと。
前にSORAさんの秋田ワン諦めの顛末を拝見してました。
福島シェルター早急に!なのですね。

「○○は動物飼うな」よう言うてくれた。
王子と下のガラクタ城ワンを足して割ったら、うちのシロまんまだ。横顔なんてくりそつ。
(世間に迷惑かけない前提での)動物バカにはどんどんなりましょう。犬を触れない?触らないボラさん話とか、そういう毒を吐くのもアリだと思います。凄いリアル。

余震(なのか?)も血圧も治まって〜。
でも調子イイからと長丁場は止めて。焦る気持ちも痛いほどわかるから「よろしく」と「止めて」半々の気持ちでお頼みします。

URL | キャサ #8gqKRnZg | 2011/04/13 02:35 | edit

被災地での二次被害! 

わかにゃんさんご自身の身体が大変なのに、こうして報告もしていただいて、本当にありがとうございます。

わかにゃんさんのに同意見です。最後まで責任をもてない人は、動物を飼う資格はないと思います。
こちらの団体も同じことをおっしゃってます。
http://blog.livedoor.jp/liablog/

置いて行かれた動物は、ペットでも家畜でも人災の被災者だと思います。首相官邸には、ペットだけでなく家畜も含めた動物の救済をメールでお願いしました。
今できる限りのことをしたいと思います。どうか1匹でも多くの命が助かりますように祈っています。
わかにゃんさん、どうかご自愛ください。

URL | とらにゃんこ #- | 2011/04/13 20:21 | edit

Re: 被災地での二次被害! 

>とらにゃんこさん
コメントありがとうございます。
残された動物たちはほんとうに哀れで、そしてけなげです。
ただ、飼い主さんみな一瞬で人生を決めなくてはならなかったんです。
うちは猫はお出かけ自由ですので、18日の水素爆発の際には、すべての動物を連れては避難できないと正直覚悟をしたんです。
捕まえられるコだけを運び、そうでないコは後で迎えにくることになるかも・・・と。
もしもそうなっていて、戻って来れなかったとしたら、わたしは一生を悔いて生きることになっていたでしょう。
たとえば家族に赤ん坊がいて、荷物をもったら、もうワンコを連れていく手は開いていないんです。
「バカは動物飼うな!」というのは、普段の飼い方についてです。
今回は普通の状態ではなかったんです。
リンク先の表記は厳しすぎると思います。
どうかそこのところは解ってやってください。飼い主さんのお気持ちも考えてやってください。
断腸の思いの方の方がはるかに多いのです。
責任うんぬんでかんたんに片づけられる問題ではないのです。
記事は、誤解を生む表現だったかもしれませんが、あえて訂正はしません。
官邸へのメール、どうもありがとうございました!
みんなでがんばりましょうね!!

URL | わかにゃん #- | 2011/04/13 20:45 | edit

家の犬かもしれません。 

食いしん坊で、王子のふさふさな犬がとても、似ています。
保護されている犬が私の家の子かもしれません。

ふさふさした毛で、オスで吹雪と言います。

南相馬市で被災し、連れて行けませんでした。

写真を見て涙しました。

URL | ゆり #- | 2011/04/14 20:58 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/642-77c63f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。