08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

南相馬市鹿島区 4/13 14時 

浪江でレスキューをされている方からのお願いです。
こちらとは面識はございませんが、要請がありましたので転載いたします。

Catspawclub 地域猫応援団(名古屋)
http://catapaw.blog17.fc2.com/blog-entry-865.html

4/11の記事を抜粋させていただきます。
4/13記事の追記がありましたので書き換えました。

----------------------
残り・・・の犬たちのレスキュー。
浪江町に入ってくれる方がいましたら、至急 清家まで ご連絡を下さい。
080-6968-2319

日本アニマルトラストさん(大阪)が、現地で引取りをして下さいます。
浪江町は、20km圏内のため、浪江の現地に行く方が必要です。
捕獲器、搬送のケージなどは、準備できているそうです。

(中略 すみませんが本ブログをお読みください。)


見てきた命を救い出さずに…終われない。思いです。
そこで、皆様に、再度のお願いです。

A班&B班(班は、2人一班体制)
南相馬市の保健所で、日本アニマルトラストさんと待ち合わせし、
犬の捕獲器とケージを貸していただき、浪江町内に、捕獲器やケージを搬送する。

B班
浪江町にて、犬の捕獲器を仕掛けて、保護し、、A班に渡す。

A班
南相馬市にある保健所へ搬送し、スクリーニングを受けて、日本アニマルトラストさんへ渡す。

その間、B班は、次の捕獲をする。
数回、繰り返さなければ終わらない頭数が取り残されています。

A班 希望の勇士の方には、申し訳ありませんが、車のご提供協力をお願い致します。
荷台のある車種が望ましいです。

B班希望の方は、犬の扱いに慣れている勇士を募集します。

上記のように、犬を捕獲する班と、浪江町から南相馬市へ搬送し、スクリーニングを受けて、
日本アニマルトラストさんへ引渡す班と2組に分かれれば、作業がスムーズに進むかと思います。

捕獲器は、ハイエースの場合でも、1台に、5匹位しか入らないと思います。
毛布をケージの上に敷き、2段目に中型犬のケージを置くのは可能な車種は限られていると思いますし…
残されている犬は、30匹ほどいますので、搬送を担当するA班の場合、車は、何台あってもありがたいです。

浪江町の犬のいる場所は、ピンポイントで分かります。(メールで場所はお教えします)
ですが、電波状況が悪いため、私たちの用意したマップを事前に確認し、
犬たちの位置を事前に確認し、ルートを決めておく必要があります。
私たちの知らない場所にも犬たちは多くいると思います。途中で、犬と出会う可能性も多々あります。

私も、結構シンドイのですが、数名の志願者の連絡もありますし、
再度、現地に向かう方向で準備をしています。

まだ、沢山の犬たちが浪江には残されています。
皆様のご協力をお願いいたします。

--------------------

・あくまで自己責任のボランティアです。
・放射線について冷静な判断の出来る方。
 (仕事が終わって、安全区域に入った道で衣類を脱ぎ捨てて
  そのまま去ってゆく愚かなボラの方もいます。
  そんな方はお断りです。)
・きちんと犬猫に触れる方。
・臨機応変に対応できる方。

清家さんによりますと、浪江からの搬送さえできれば、日本アニマルトラストさんがその後の引き取り全般を受け持ったくださるそうです。
用意されているシェルターも充分受け入れ可能だそうです。
搬出する人手が大急ぎで欲しいとのことでした。


★ご連絡はこちらまでお願いします★

清家さま
携帯番号:080-6968-2319
携帯メルアド: otenbapapillons1999@ezweb.ne.jp




上記の記事と動きが変わる可能性もあります。
清家さんと電話での打ち合わせで動くことになると思います。

わたしも行ければ一番いいのですが…
持病に加えて、身障者三級で長く歩くことができません onz...
よろしくお願いいたします!

Posted on 2011/04/13 Wed. 14:13 [edit]

category: 日々のこと

13

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/04/14 20:55 | edit

 

このようなコメント投稿お許しください。
不適切な内容でしたら削除お願いします。

福島原発付近に取り残された動物たちが、餓死・共食いにより死んでいっています。
現地に入られているボランティア団体様は「地獄絵」と言われています。
そんな中でもまだ生きている動物たちがいます。
消えかけた命を救うため
今ボランティア団体「犬猫救済の輪」http://banbihouse.blog69.fc2.com/
首相官邸&環境大臣宛へのメールをお願いしています。
小さな命に残された時間はありません。一刻を争っています。
小さな命が小さな力で助けられます。どうかどうかご協力お願いします。
拡散希望とのことです。

URL | せともん #WstX4HDY | 2011/04/15 16:43 | edit

Re: タイトルなし 

せともんさま

メールの件はすでに12日の記事で取り上げています。
流れてしまうので、今後の記事で再掲載しますね。
室内に残されたコ、つながれて食べ物の得られないコは残酷な状態ですね。
そこから目を向けてはいけないんですよね。

URL | わかにゃん #- | 2011/04/15 17:18 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/644-c0b9dd7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。