05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

南相馬市鹿島区 4/23 21時 

葛尾(かつらお)村、浪江町、飯舘村の全域と、川俣町、南相馬市の一部計画的避難区域に入ってしまった方々、なんとお声をかけたらいいものか・・・
国の考えにはためいきばかりです。
避難先はきちんと用意されたのでしょうか?
家畜はどうなるのでしょう。ペットはどうなるのでしょう。
もう、これ以上の悲劇は嫌です。

こちらの 「情報ページ」 にもありますが、新潟などペットと一緒に避難できるところもありますのでご参考にしていただけますと幸いです。
各種動物レスキュー団体にご連絡いただければ一時預かりも可能です。
あきらめないでお問い合わせください!

それから、避難先から通えるからと、やむなくペットを置いてゆかざるを得ないと判断なさった場合は、どうか犬小屋のそばに「通ってお世話をしています」と書き置きをしてください。
そして、犬も猫も、首輪に必ず「なにかしら連絡のつく電話番号など」の札をしっかりとつけてあげてください。
今後、レスキュー団体が入った場合に、保護して連れてゆくべきかどうかなどの判断に役立ちます。

どうかよろしくお願いします。

明日、同じ内容を該当町村にファックスします。
合わせて拡散をよろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------

さて、警戒区域立ち入りに関しての見通しは立っていません。

あの南相馬市原町区の市長が、市職員がフードを配ると約束してくれたそうです。
それはそれで喜ばしいことなのですが、ただでさえ人手不足の今、市職員が南相馬市の警戒区域全域を網羅できるとは到底思えません。
いっそ民間に任せて欲しい。許可証が欲しいです。


にゃんにゃもさんのブログ (勝手にリンクです。すみません)
http://ameblo.jp/nyan-nyamo/

各市町村長への連絡先があります。

警戒区域指定は各市町村長の判断です。
動物愛護団体に許可証をだすように陳情してゆきます。
みなさまもご協力よろしくお願いします。

Posted on 2011/04/23 Sat. 21:18 [edit]

category: 日々のこと

23

コメント

本当に… 

わかにゃんさん、体調大丈夫ですか?

避難区域に入った妹は、
21日自分の家にお別れを言ってきたそうです。
自分の家なのに入ると罰金
沢山の荷物も思い出もあるのに
とっても悲しい気持ちは
私もよ~くわかります。
連休明けには、姪の学校も
相馬の空き教室をお借りして
始まる予定です。
犬は義弟が、避難所に連れて行って生活しているとの事
それだけは安心しましたが
まだまた先は長くかかりそうです。

URL | のんぼう猫のママchan #L9s05DP. | 2011/04/23 22:46 | edit

計画的避難区域は 

計画的避難区域について、私は妥当だと思います。むしろ避難区域としては遅い位と思います。

土壌の汚染度・空間線量率

どれをとっても今後人体への影響が顕著に現れると思われる数値です。
IAEAの発表は間違っていません。
私は以前原発にて放射線管理部門で勤務していました。
放射線が人体へ与える影響について、一般の人達よりはあります。
今回計画的としたのは、酪農家が多く、家畜を移動させる猶予を与えた節があると思います。
計画的避難区域の方々の避難に関しては一日でも早く、一秒でも早く避難して欲しいと私は思います。

URL | 劉飛燕 #- | 2011/04/24 09:20 | edit

Re: 計画的避難区域は 

コメントありがとうございます
指定区域には留まるには無理な放射線量の地域もありますよね。
ところで数時間の滞在はどうなのでしょう。

避難区域から引っ越せない…業者の拒否相次ぐ
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/fukushima_1np_evacuation/?1303605090

専門家としての、正しい放射線の知識をさらに広めていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


> 計画的避難区域について、私は妥当だと思います。むしろ避難区域としては遅い位と思います。
>
> 土壌の汚染度・空間線量率
>
> どれをとっても今後人体への影響が顕著に現れると思われる数値です。
> IAEAの発表は間違っていません。
> 私は以前原発にて放射線管理部門で勤務していました。
> 放射線が人体へ与える影響について、一般の人達よりはあります。
> 今回計画的としたのは、酪農家が多く、家畜を移動させる猶予を与えた節があると思います。
> 計画的避難区域の方々の避難に関しては一日でも早く、一秒でも早く避難して欲しいと私は思います。

URL | わかにゃん #- | 2011/04/24 09:52 | edit

わかにゃんさんへ 

数時間の滞在についてですが、現在の空間線量率からすれば、人体に与える影響はごく少量であり、人体の再生能力を考える限り全く問題ありません。
問題とされるのは土壌の汚染です。
汚染された土が風等で舞い上がり空気中に飛散する為に、身体に付着したり、空気と共に体内へ取り込まれる危険があります。

体内へ取り込まれる事を内部被曝と言い、人体の中から放射線によって被曝してしまいます。

身体に入った放射性物質は生理作用等で大半は出てしまいますが、一部は残ってしまいます。

ですので、避難区域内では雨カッパ等を着て極力肌を出さない。
防塵マスク、若しくは水に濡らしたタオル等で口と鼻を覆って下さい。市販のフェイスマスクでも構いませんが、マスクの中に濡らしたガーゼを入れて下さい。
出来ればゴーグルも装着して下さい。

基本的に花粉症対策と似ています。
尚、身体の表面に付着した放射性物質は、シャワーを浴びれば問題なく除去されます。
以上の事を踏まえて行動して下さい。

URL | 劉飛燕 #- | 2011/04/24 14:22 | edit

コレはどう捉えればよいのでしょう… 

※北海道新聞より
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/agriculture/288219.html

福島県は24日、
福島第1原発から半径20キロ圏の警戒区域内で死にそうな牛や豚、
ニワトリの殺処分を25日から始めると発表したそうです。

次は「死にそうな犬猫は殺処分」なんて
方向へ向かわなければよいのですが…
心配です。

URL | せともん #WstX4HDY | 2011/04/24 14:41 | edit

Re: わかにゃんさんへ 

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりのことはすでにわかっておりますので、私も小高区・浪江町まで行っているのです。

原発にて放射線管理部門で勤務されていたとのことですので、上記のような配送拒否や転校先でのいじめともとれる対応に対して、そして二次汚染を恐れる方に対して、正しい知識の浸透にご尽力くださいと言っているのです。
知識だけふりまわしていてもダメなんです。
どうしたら風評被害を抑えられるか、専門に知識を生かした「活動」をどうぞよろしくお願いいたします。

URL | わかにゃん #- | 2011/04/24 14:41 | edit

わかにゃんさんへ 

了解しました。

微力ながら私も行動したいと思います。

URL | 劉飛燕 #- | 2011/04/24 14:59 | edit

Re: コレはどう捉えればよいのでしょう… 

>せともんさん
いつもありがとうございます!

以前、日本獣医師会だったかが、家畜の安楽死を県に要望していました。
肉牛やブロイラーに関してです。
置き去りにされ、餓死という苦しい死に方をするよりも、なんというか、普通どおりにといいますか
そういう風に逝かせてあげたいという要望なのだと思います。

ですから、これとペットとは別の問題と捉えていいと思います。

同じ命なんですけどね。わたし夕食は鶏肉と大根の煮込みです。拝んで食べます。

URL | わかにゃん #- | 2011/04/24 15:03 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/665-8fcee2c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。