10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

南相馬市鹿島区 4/30 22時 

ただいま行われております福島県食品生活衛生課の警戒区域立入調査について記載させていただきます。

4/3012時に、福島県食品生活衛生課動物愛護室ご担当者さまと電話でお話をさせていただきました。
以下確認できました事項です。

・今回の立入の目的は、あくまで現地調査である。
 目的は、放置犬が野生化し、一時帰宅者を襲い被害が生じるおそれを未然に防ぐための捕獲である。

・飼い主からの保護要請は受け付けている。
 要請を受けた動物についてはできるかぎりの努力はしたいが、
 保護要請をうけても、本来の目的ではないので、完全に保護できるものではない。
 また、地震被害の大きい場所や放射線値の高い地域には入れないことを了解していただきたい。
 国指定の「2時間内」という限られた時間内で放射線量を計測しながらの作業であり、
 保護要請すべてにこたえることは難しいことをご理解いただいたうえで保護要請のお電話をいただきたい。

ということでした。

現実問題として、現地入りして放浪している動物をなんとかしたいというのは人情です。
この立入調査に動物保護をからませてくださったことに私は大きく感謝したいです。

わたしも警戒区域になる前には指示区に入っていたので、わかるのですが、
小高・浪江では、思いのほか犬はみかけませんでした。
ですが残っているコほど、警戒心が強く歯向かって捕まえにくいコや、人前に出てこないコが多いのです。
猫の捕獲もほんとに難しいです。
そんな中、この二日間の立ち入りで、2時間のうちに出会った犬・猫に関してはすべて保護してくださっているそうです。
フードとお水もできるだけ置いてくてくださっているそうです。

災害救助法にのっとって、動物も人も安全な生活に戻れるよう努力してくださっています。



さて前記事の、被災地動物情報のブログさん(以下管理者さん)の件ですが、
時系列でご説明した方がわかりやすいと思います。

4/29 14:21 「20キロ圏内のペット救済の要請先と日程」の記事がでる
      http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10875846118.html
   ・ 「【加筆】実際に問い合わせをされた方より情報…」部分が加筆される。 

4/29 16:05 コメント欄への書き込みがあったので、食品生活衛生課に電話確認。
     当ブログに上と同様の記事をアップ。
     別件で動物愛護室の方に電話。保護が目的ではないことを理解し、記事を訂正。
      「南相馬市鹿島区 4/29 16時」(※この時点では4/30 15時15分加筆の部分はなし)
      http://onyawan.blog93.fc2.com/blog-entry-680.html#comment2609

4/29 17:12 この間に
      ・20キロ圏内飼い主さんに向けて。避難所用のポスターできました!!の記事アップされる。
        http://ameblo.jp/japandisasteranimals/theme-10035242364.html
4/30 5:30くらい? 管理者さんへメッセージをおくる。

4/30 6:57  メールによるご返答をいただく。
      県食品生活衛生課動物愛護室担当者で、
      管理者さんとお話したという方とこちらでも連絡をとることにする。

4/30 昼前 ご指定の動物愛護室担当者さまが不在だったため、別の担当者さまからお話を伺う。
      その内容が冒頭の部分です。
      これを管理者さんにメール送信。

4/30 午後 管理者さんからお電話をいただき、お互いに加筆する部分を確認する。
      
4/30 15:15 当ブログに「4/30 15時15分加筆(オレンジ文字)部分」を加筆


という訳でした。



管理者さまブログのなかでポスターがアップされておりますが、この中の「福島県にペット救済を至急申請してください」の部分も、県が積極的に保護受け入れているという感想をうけますので、変更をお願いしましたらご快諾いただけました。
「福島県にペット救済を申請できます(可能です)」です。(現在、変更中です)
このポスターに関しましては、わたしは関与しておりません。

やりとりは以上です。


再掲いたします。

福島県県食品生活衛生課で飼い主さんからの保護要請をうけているというのは,
管理者さんのブログ通り、事実です。
問い合わせ番号にも間違いはありません。
ただし、立入調査の主目的は、動物の保護ではありませんのでご理解をおねがいいたします。
とはいえ限られた時間の中で、県食品生活衛生課の方は可能な限りの保護に努めていらっしゃいます。

一般の方からの動物保護の嘆願先は、『環境省動物愛護室』です。
https://www.env.go.jp/moemail/
動物愛護は「自然環境」分野です。


この記事をアップ後間もなく鍵コメでお叱りをうけました。
環境省も頑張っているので、嘆願などでお手を煩わせてはいけない、といった内容でした。
動きを封じているのは政府だとのご指摘でした。
いったいどこにどうお願いすれば、動物を助けられるのでしょう?
どうかどなたか教えてください。4/30 23時 追記

Posted on 2011/04/30 Sat. 22:06 [edit]

category: 日々のこと

30

コメント

 

いつもわかりやすく説明していただきありがとうございます。

そうですね、県の職員の方は出来る範囲で一生懸命やってくれて
いるんですよね。

保護は6匹だけだったの?ってこの前は思ってしまいましたが
これは職員の方にとても失礼な事でした。今とても反省してます。

可能な限り動いてくださってる県食品衛生課には感謝しつつ、
これからは『環境省動物愛護室』に嘆願をしていきたいと思います。

わかにゃんさん。
体に無理なさらぬよう、お疲れの時はゆっくり休んでくださいね。

URL | くーママ #- | 2011/04/30 22:45 | edit

わかにゃん様へ 

がんばってくださっている県職員の方に、
感謝と応援の気持ちを込めて、
ご当地B級グルメを購入しましたが、
どこに送るのがよいのでしょうか?
教えていただけませんか?

URL | せともん #WstX4HDY | 2011/04/30 23:50 | edit

 

環境省がダメだとすると、国民の声はどこに届ければいいのでしょう?
たいへんな災害で、どこもいっぱいいっぱいだと思うのですが、保安院? 首相官邸HP?
どこも手一杯というなら、これらも手一杯ですよね。当該部署として思いつく場所に、個人の責任で国民の声を届けるのは禁止されるのでしょうか。電話でなくメールでも意見を伝えてはいけないのでしょうか。誰もが黙っているしかない? ときには集まった声が国を動かすこともできると考えますが、いまどこにも何も言うなというならばもう動けません。環境省も政府の一部だと思っていたのですが…。
海外の動物ボランティアという手もあるのでしょうかね。避難所の飼い主の方々に告知するための方法を考える? あとはマスコミでしょうか…。

URL | K #JOOJeKY6 | 2011/05/01 00:10 | edit

 

すみません、私も丁度見ていたのでお知らせしますね。

緊急災害時動物救援本部のHPに被災地の動物救済本部連絡先一覧
とういのがあります。

そこは各市町村の動物救済に関する連絡先にクリックすると
飛べるようになっており飛ぶと福島県保険福祉部食品生活衛生課の
住所等も記載されていました。

私もなにも出来ないジレンマもあり、せめてそのような感謝の気持ちをお送りしようかと想いましたが、この時期に応援とはいえそれが殺到してまってもどうなのかと様子も見ております(^^)



URL | beesan #Dp3XiILY | 2011/05/01 00:12 | edit

まるで迷子のよう 

わかにゃんさん、日々お疲れさま。
そしてありがとう。

>いったいどこにどうお願いすれば、動物を助けられるのでしょう?
これって頑張ってらっしゃる皆さん全員の声だと思います。
震災後から今日まで色んな所に訴え続けてきましたけど、たらい回しの連続。
疲れさせて諦めさせて黙らせようとしてるのか?と疑いたくなります。
マスコミもまったく報道しなくなってるし。この国の報道はとことん腐ってます!

元議員の藤野真紀子さんも参議院議員の三原じゅん子さんも、政府の対応にブログでキレてらっしゃいますよ。

彼らのブログからわかる情報としては、「最終決断」はやはり災害対策本部長である菅総理だと思われます。
三原議員も陳情に向かわれるのは官房副長官ですしね。

聞く耳持ってないようですが、嘆願なら首相官邸?
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

あとは三原議員など精力的に動いてくださっている国会議員さんたちに訴えて政府に上げてもらうしか術がないように思えてきました。

国民主権。国民あっての国であり政府のはずなのに、恐ろしいほどの距離感を感じてしまいます。
票田のはずの国民をここまで蔑ろにする政府を絶対に許すマジ!!

URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s | 2011/05/01 00:12 | edit

 

すみません、上の私の記事はせともんさんへのお知らせでした(^^)

URL | beesan #Dp3XiILY | 2011/05/01 00:14 | edit

私は納得できません。 

わかにゃんさん こんばんは。
いつも、情報ありがとうございます。わかにゃんさんも書いていますように、どうしたら 助けられるんだろう。私も、自問自答しています。でも、糸口を探しては、綻び、また、探しては・・。その繰り返しです。情報も二転三転し、昨日から、テレビや新聞も読まなくなりました。いったい、何を信じたらいいのか。

解決の糸口が見えない今、警戒区域設定から10日も経とうとしています。こんな状態で、私は、根性が曲がっているのかもしれませんが、6匹の保護、納得していません。行政の対応も、あまりにも遅く納得できません。時間だけが過ぎ、たくさんの動物が命を落としている現実に、どうしても納得できません。この国は、民主主義ではなかったのか・・・民意を無視する国に到底納得できません。

URL | santakawasaki #brXp5Gdo | 2011/05/01 00:22 | edit

ペットの事を言ってくれてます・・ 

メールした中で、唯一、埼玉の新藤堂議員(自民党)の方が返事をくださいました。
動物好きの議員さんは、頑張ってる人も居る様です。
政府にどの程度の影響力があるのかわかりませんが、
動画で報告されている事を信じたいです。

http://www.shindo.gr.jp/2011/04/j-station-2011430.php

この動画upするだけでも、官邸ににらまれたりするのかも。
『ペットを助けたい』って言うだけでも、バッシングされるのでしょうか。
動物好きの票って、ずいぶん稼げると思うのだけど・・




URL | mar #XtalLXXw | 2011/05/01 03:12 | edit

 

わかにゃんさん、いろいろ整理して載せてくださってありがとうございました。どんなにかたいへんな作業を繰り返されたかと思います。

各自がよくよく考慮された上で、賛同してもいいという方がいらしたら…なんですが(自己責任でお願いします)、
↓で賛同者を募っているようです。
http://freepets.jp/

警戒区域内の動物(ペットまたは家畜等)を救護するために、特別に組織された専門家チームを警戒区域に入るための要望書を作成されたようで、その賛同者を募っているようです。

ただし、実名で記入することになりますので、難しい場合はツイッターなどで拡散(この言葉にどうも慣れません)してほしいとのこと。またツイッターでも賛同できるとか。

こちらの要望書は、複数の団体が連名で作ったもののようで、原子力安全・保安院 原子力被災者支援チーム、農林水産省 畜産部振興課、環境省 自然環境局総務課動物愛護管理室、福島県 農林水産部畜産課、福島県 各市町村長 宛となっています。

私が読んだ限り、協力したくなる内容でしたが、ここ数日、いろいろなことがひっくり返ったり、効果的だと思ったことが裏目に出たりで、こういったことを大きな声でお知らせしていいのかどうかも躊躇しています。もし何か不都合がありましたら、お手数ですが削除なさってください。
また、各自がよくよく考えて、確信をもった上でこういった運動に協力していただきたいと思います。

URL | おじいさん #JOOJeKY6 | 2011/05/01 03:24 | edit

調査と餌水やりをしながらの2時間6頭 

20キロ圏内でのレスキュー経験者として省みます。
いても逃げ惑ってしまい捕獲することが大変であること、調査~餌水やりといった公益的全体的奉仕を優先しながらの行政活動であることからすると、2時間6頭は相当多い捕獲数です。
加えて、県の動物愛護担当官は獣医師等ですが、必ずしも被災地内でのレスキュー能力や経験が担保されているわけではないことや、経過日数の影響を含めると、まったくゼロでもおかしくはないと思います。

URL | 水谷正紀 #6lKc6Ll6 | 2011/05/01 04:01 | edit

 

わかにゃんさん、状況を整理してくださってありがとうございます!
この記事のURLを転記させていただきました。

URL | にゃんにゃも #E6kBkVdo | 2011/05/01 11:19 | edit

 

わかにゃん様
忙しいでしょうに、いつもていねいに記事を書いてくださり、頭の下がる思いで一杯です。ありがとうございます。
新庄動物病院の今村先生が、再度現地へ行かれるようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/62753827.html
議員の方も何人か動かれているようです。
せっかくここまで生き抜いたいのちですから、一日も早く救い出してあげたいのですが・・・

URL | chibi #- | 2011/05/01 11:45 | edit

beesan様 

ありがとうございます!
助かりました!
今回は同じ思いのみなさんの代表として私が送りますね。
(たいしたものではないですが…)
時間差でbeesan様もよろしくお願いします!
職員の方の励みに少しでもなれば…

---------------------------------------------------------------------------

以前、20キロ圏内の調査に入られた獣医師の方のブログでは
「現地レスキューの話は、個人での限界を悟らされて、
今は、組織VS組織の話し合いに移行しています。
数日で結果が出てきます。それを待つように言われました。」
とコメントされています。

※上記は新庄動物病院ブログより(悲しい写真あり)一部抜粋です。
 http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/62752329.html

組織VS組織ってどこ?
なんの戦いしてるんでしょうか?

その間にも残された命が失われて行くのに…

URL | せともん #WstX4HDY | 2011/05/01 11:47 | edit

↑一日前のコメントでしたね 

ごめんなさい。
一日前のコメント載せてしまいました。

今本先生に現地に入られるのですね。
これがよい方向に進むこと願います!

URL | せともん #WstX4HDY | 2011/05/01 12:42 | edit

少し動きがあるようです。 

今本先生(新庄動物病院) 更新されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/62752994.html

紹介されている高邑勉議員のブログもご覧になると良いですよ。

URL | むらりん #- | 2011/05/01 15:11 | edit

本日の動きをお知らせします 

南相馬市小高区の猫おばさんこと吉田さんが
南相馬市役所でプラカード持って抗議中です。
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20110501ddlk07040087000c.html

同じく小高区のOさんが今夜、吉田さんへ連絡取りました。
「明後日から私も吉田さんとプラカード持つ」との事です。
http://ameblo.jp/oa2542/

ツイッターでも拡散中です。もし現地へ行くかたがいらっしゃれば、吉田さんと連携を。

URL | 某 #q/6E7.vk | 2011/05/01 21:45 | edit

20km圏外でも 

こんな事になってるんですね・・

http://ameblo.jp/animalaid-jimunikki/

URL | mar #yn4kT3AM | 2011/05/02 00:16 | edit

 

法人、民間に限らずどちらの団体も、微妙に違う理念やルール
で活動をされていると思います。
動物愛護は想像以上に強い信念がそれぞれにあると思いますし、
通したい願いも微妙に違うのかもしれませんが、守りたいもの
は一緒だと思うのです。
そして、もう一刻の猶予も許されないのですから、ここは一つ、
個々の団体の枠を飛び越えて一致団結して欲しいと思います。

どこがどういう理由で封じ込めているのか、どこにその権限が
あって、どう訴えたらいいのかわかりませんが、、、
1か月、1週間でも、今ある団体全てが結集して、更に大きな組織
となって訴えたら通るかもしれないなぁ、、、なんて思います。

なんておばさん(私)の考えをカキコミするのも、勇気が要ります。
今の状況は、手が震えます。

URL | チェレ #i2ht2EGk | 2011/05/02 00:26 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/681-5271a55c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自然の恵み

5月5日(木) (さやえんどうの花) 今日は「こどもの日」。 主人は早朝から小学校へ地域の行事へ行っていました。 大分疲れが溜まっている娘ぴょん吉が5わんのシャンプーをしてくれるというので、 私は、その前にヨウちゃんとこの野菜直売所までお散歩をしてからに...

Life With 5wan  | 2011/05/06 03:55

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。