05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

南相馬市鹿島区 5/17 22時 

ただいま被災動物検索ページをまとめています。
保護されているコは、千頭は越してるはず。
なのに、まだまだ掲載が少ないですね。
じゃんじゃんアップして欲しいものです。
おまけに、保護わんこ・にゃんこのページ、どんなコかな~と思わず見入ってしまって作業進まずonz・・・

-----------------------------------------------------

以下は、お寄せいただいたコメントを、
ほぼ得意の丸写しで作成させていただいた記事です。
Nさん、Mさん、Sさん、みなさま!情報のご提供とまとめ、どうもありがとうございました!!


飼い主さんとペットが再会できたならば、やっぱり一緒にいたいですよね。
もしも避難所におられるのであれば、こんな方法があります。

◎埼玉・ペット専用の避難所開設 旧騎西高 自治会作り運営
(2011年5月13日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20110512-OYT8T01186.htm

飼えないから見つけても黙っていようとか、いっそ里親さんを探してもらおう、なんて諦めないでくださいね。
保護団体さんの中には、シェルターで預かってくださるところもあります。
それから、たいてい「一時預かり」さんとつなげてくださいます。
今すぐは暮らせなくとも、いつか生活の見通しがつくまでの間、ボランティアさんにお願いするという方法もあるんです。
新潟県中越地震の際には、避難所暮らしのときには気持ちに余裕がなかったものの、仮設住宅に入って落ち着いたらペットと暮らす気持ちになれたという方がいらしたそうです。
まずは、見つけた保護団体さんに相談してみてください。


でも、やっと会えたならば、やっぱり一緒に暮らしたいですよね。

福島県では仮設住宅がペット可になりました。
南相馬市では二次募集分から受け付けているそうです。
他の市町村の方々、どうかお申し込みの際に希望してみてくださいね。


それから、福島県では避難の際に個人で民間の賃貸住宅を借りた場合、
県で借上げ住宅に切り替えて家賃等の一部を負担してくれるそうです。

◎個人の方の実例です。
http://ameblo.jp/mtc-dog-2009/entry-10880881187.html

Mさん、情報ありがとうございます!


●各市町村の仮設や借り上げ住宅に関するページ

<広野町>
http://www.town.hirono.fukushima.jp/guide/detail/204.html
<浪江町>
http://www.town.namie.fukushima.jp/?p=1704
<南相馬市>
http://www.city.minamisoma.lg.jp/shinsai2/kasetujutaku.jsp#mizukara_kasetu
<飯館村>
http://www.vill.iitate.fukushima.jp/news_item.2011-03-16.6166347824/view#35
<大熊町>
http://www.town.okuma.fukushima.jp/kariage.html
<葛尾村>
http://www.katsurao.org/forms/info/info.aspx?info_id=21671
<双葉町>
http://www.town.futaba.fukushima.jp/renraku_kariagejutaku_tokureisochi.html
<川内村>
http://shinsai.kawauchimura.jp/?p=330
<楢葉町>
http://www.naraha.net/?p=169
<富岡町>
http://www.tomioka-town.jp/?p=951
<田村市>
http://www.city.tamura.lg.jp/ta-toshikeikaku/toshi_kariage.jsp

・上記すべてのまとめ
<福島県借上げ住宅の特例措置について>

http://www.pref.fukushima.jp/kenchiku/04topix/kariagetokurei.html
条件の一部変更点
http://www.pref.fukushima.jp/kenchiku/04topix/kariagehenkou.html


さらに、
県外でしたらば、こんなところがありますよ!
Nさん、Mさん、情報ありがとうございます!

◎東日本大震災被災者の方々のためのペット受け入れ住宅情報
http://www.stay-with-pet.jp/
ペット可仮設住宅情報などがまとめられています。

◎東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011051690135224.html

◎新潟県はペット同伴の避難に大変好意的です。
 犬に関しては、ノミ・ダニ、そしてフィラリア予防薬、
 犬・猫に関しては混合ワクチンの接種まで、サポートしてくださるそうです。

---------------------------------------------------------------

大震災から2か月が過ぎました。
世の中にはおかしなトラブルがあるもので。
「いくら震災があったからって、長い間迎えにこなかった飼い主にペットを渡すわけにはゆかない」と、一時預かりさんが引き渡しを拒否するといった事例があったそうです。
行けなかったんですよ・・・車もない、あってもガソリンもない、幼子や老親を抱えていた…ちゃんと理由があるんです。
知り合いは、大震災後すぐに避難指示で避難所にゆきましたが、40日間に7か所も避難所を移動させられたそうです。
私の親は3か所移動しました。
理由はわからないのですが、4月初めあたりだったか「民間の住宅に避難した場合、再度避難所にもどることはできない。」と言われていた時期がありました。
そう言われては、もしも状況が変わった時に戻れる場所がなくなってしまう訳です。試しにと避難所をでる訳にもゆきませんよね。
話がズレてしまいましたが、この飼い主さんも混沌とした日々のなかで、やっとペットを探し出した方だったんです。
なんか、やるせないです。
もちろん、珍しい事例なんだとは思います。
こんな避難者のことを慮れない、わからんちんがいるってのが驚きです。

みんな必死にやってるんでぃ!
てやんでぃっ!!

   と、ここで、さきほどコメントをいただきましたので、加筆させていただきます 5/18 9:50

そう、このことです。
元の記事が消されたので転載された他の方のブログだそうです。
すでにかなり拡散されています。

http://ameblo.jp/luna-maria/entry-10887091858.html

ご本人の「お詫びと訂正」記事です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1062300200
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1362299783

わたしが余計なことをいうべきではなかったですね。カッとしてしまって申し訳なかったです。
こんな状態のときでもすれ違いとか、気配り不足からいろんなことが起きていて、
それに対してもいろんな捉え方があるんだという風に受け取っていただければ、と思います。

Posted on 2011/05/17 Tue. 22:17 [edit]

category: 日々のこと

17

コメント

 

わかにゃんさん、仕事が速いですね。お疲れ様です。お身体の調子はいかがでしょうか。
動物の神さまや精霊さん(←本気でいると信じています。)からのお告げはきちんと守らなければいけませんよ。

長い間迎えに来なかったっていって返還拒否のケース、私もどこかで読みました。

これって、きちんとした愛護団体さんだったら、被災地のペットであり、被災飼主さんが現れたら返還する。という同意書を交わすと思うのですが。忙しさのあまり、手抜かりがあったとか、かなぁ。団体さんは、常に人手不足だから。返してあげてほしい。

それから、ブレーブさんのブログで以下の拡散情報発見しました。
http://ameblo.jp/brave-stable/entry-10894306743.html

***************以下転載

②茨城県美浦村にもサンクチュアリファームを!!!

茨城県美浦村の西木様が
《サンクチュアリファーム 美浦村》(仮)

を実現しようと、署名を集めておられます。


今、東日本大震災の教訓を生かし、地震大国日本、それ以外にも何があるか解りません、守れる場所、守れる人間で、守ってあげなければ、動物達の命は 守れません。


各動物愛護団体様がそれぞれ 土地を分けあって、シェルターにしても可。

そこに万が一の為に牧場も隣接させようと思っているそうです。


①お名前

②ご住所

③電話番号

④応援メッセージ

を書いて

こちら↓↓↓

main@ecomuse-miho.or.jp
『西木様』宛に、送って頂ければと思います。
(②③は、記入出来る方のみで結構です)


集まり次第、交渉に乗り出すそうです。


シェルターは、いくつあっても足りないくらいです。


もう 『国民』で『独自』で、動くしかない事が解りましたので、西木様にご協力宜しくお願い致します。


質問等は、直接、メールにて、西木様に問い合わせてください。


(転載、拡散、ご協力、お願いしたいとの事です)


どうぞ宜しくお願い致します。

URL | ちぴちぴ #.8bT96/M | 2011/05/18 02:10 | edit

 

救助団体さんが 里親さんや ホストファミリーさんへ キチンと 説明してれば この様な 悲劇は避けれたのに~
里親さんも動物好きなんだろうなぁ~
残念です
また 悔しい話しが 飼い主さんが 団体さんへ保護依頼していたのに 保護されておらず 残念な(涙)
詳しくは
http://blog.m.livedoor.jp/touhoku_inunekokyuen/?sso_expired=NGQ5YzNkMzk.

URL | もと #fS7rbBvc | 2011/05/18 06:15 | edit

 

パソコン作業はかなり目も乾いて疲れるし、肩も凝るので根を詰めすぎないように気を付けて下さいね。

福島 いわき市ペット保護センター設置のお知らせ
http://www.nhk.or.jp/touhoku-lifeline/03/cat6014/

いわき市の方、または近隣にお住まいの方はぜひ一度こちらへ連絡してみて欲しいです。
繋がれてる子だけじゃなくて放浪している子の保護もしてくれてます!!
まだ保護されていなくても犬の特徴と連絡先を伝えておくのは市でまだ保護されていない犬の現状確認を取るのにとても重要だと思います。

県が母体で動くとしても、各市町村でも動いて行ってほしいですね。

私もわかにゃんさんと同じような「保護した犬を返してもらえない」といったものを見ました。
が、その後飼い主、保護団体、里親との十分な意思疎通が出来ていなかった事も分かりました。
誰もがペット達のために必死なんですよね。
まずは深呼吸して落ち着く事も必要なんだなと感じます…。

私が見た事例(かなり拡散されたようなので同じかもしれません)
元の記事が消されたので転載された他の方のブログです。
http://ameblo.jp/luna-maria/entry-10887091858.html

ご本人の「お詫びと訂正」記事です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1062300200
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1362299783

URL | まひる #- | 2011/05/18 09:41 | edit

 

もとさん初めまして。
みなしごさんの記事に飛べない様ですので、貼らせてもらいますね~。

http://blog.livedoor.jp/touhoku_inunekokyuen/

18日3;00UP(!)の記事です。
マーガレットさんの広島弁たまらんですが、いろんな思いが凝縮されてますね。・・・ほんとにもぉぉ(溜息)。

んで、わかにゃんはん、このお方は白爺ワンだよね。
なんか一杯プロフ書いてもらっててホッコリした。
でも「ヘコります」とは書いてなかったわ。書いて~。

http://0311dogcathogo.sitemix.jp/?p=586

車、早く来てほしいね(祈)。オーくん良い子でいるんじゃよ。

URL | キャサ #8gqKRnZg | 2011/05/18 09:42 | edit

ペットを抱えた被災者の方へ 

緊急災害時動物救援本部より
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/

宮城県、岩手県に続き、
5月18日より、福島県でも治療費の助成開始!!
実施期間:
期間: 2011年5月11日(水)~2011年6月10日(金)
対象:ペットの飼い主が、
   (A)災害救助法が適用されている被災地域の住民であり、
   (B)以下に該当する方
      ①住宅が全半壊、全半焼またはこれに準ずる被災をした方
      ②主たる生計維持者が死亡したり、重篤な傷病を負った方
      ③主たる生計維持者が行方不明である方
      ④主たる生計維持者が業務を廃止・休止した方
      ⑤主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方
      ⑥原発の事故に伴い警戒区域・計画的避難区域・緊急時避難準備区域の
       対象となっている方

お問い合わせ:
【岩手県】
 社団法人岩手県獣医師会
 TEL:019-651-0310 FAX:019-653-0350
【宮城県(仙台市以外)】
 宮城県緊急災害時被災動物救援本部(事務局:社団法人宮城県獣医師会)
 TEL:022-297-1735 FAX:022-297-1737
【仙台市】
 仙台市被災動物救護対策臨時本部(事務局:社団法人仙台市獣医師会)
 TEL:022-387-5225 FAX:022-387-5257
【福島県】
 福島県獣医師会
 TEL:024-522-3921 FAX:024-522-3928

とのこと

期間が短すぎるし、対象内容にも不満はありますが…
被災者のみなさん、どんどん利用しましょう!!

URL | せともん #WstX4HDY | 2011/05/18 10:34 | edit

 

わかにゃんさん

Yahoo!知恵袋の記事
私も先日知って後追い記事を探していました。

先週までは何も解らず
投稿者と保護団体や里親間でなんらかの誤解があったのだなと
そこまでは推測してましたが、、

今回、のど元の骨がとれました。
なるほど、、、という感じです。

混乱の中ですから、いろんな感情と
憶測、そして疑惑が錯綜してしまうんですね。

あの記事は本当に
「え!」と想わせる記事だったので
誤解がほどけて良かったです。

URL | beesan #Dp3XiILY | 2011/05/18 10:54 | edit

 

我が家でも1匹 原発区域内の猫ちゃんを預かっています。
なので 今回の件はどちらの気持ちもわかり、誤解がとけてほっとしました。
区域内の方の中には 勝手に遠方にペットを連れ出すな という方がいるとNETでは 書かれています。
確かに、遠くに行ってしまえば、見つかりにくくなるのでは?
と思う気持ちもわかります。
かといって 区域内にほっておくのは、ペットの身にしたら過酷だと思います。
遠方だからこそ、余裕をもって預かれる環境があるのでは。
(近くで保護できる方がいるのが1番いいのでしょうが、近郊の方はそんな余裕ない方が多いのでは)
保護した子は ほとんどが山ダニにやられ、傷だらけですよ。
我が家で預かった猫は 奇跡的にきれいでしたが(ノミはいました)それでも 初日のウンチにはかなりのビニールが入っていました。
ここ一週間で落ち着きましたが、ご飯にたいする欲求はひどく、
恐いくらいのがっつきようでした。
このような環境に おいておいてくれ!という飼い主さんがいるのが不思議です。
今はリビングで おなか丸出しで昼寝してます。。。
この姿を見ていると、何をいわれようと連れ出したのは正解だったと思います。
もちろん、飼い主さん探しは 必死でしています。
南相馬市の避難者名簿を見て、猫ちゃんを保護した近辺の方のいる避難所を書き出し、一軒・一軒電話して10箇所(県内外)にチラシを貼っていただきました。
私のように 個人のあずかりなら、時間があるので保護後のこのようなケアもできますが、実際に今まだ保護活動をされている団体さまには、このような時間がとれるのは もう少し落ち着いてからのような気もします。
まずは 被災動物を安心できる環境に運ぶことが、1番大切。
次は 動物達にいい環境の中で 落ち着いて飼い主さんを探してあげればいいと思っています。

我が家の預かり猫ちゃんに関してでも、未去勢のため、いつスプレー行為がでるかわからず、去勢したくても もし飼い主さんが何かの思惑(子供をとりたいなど)で去勢をしていないなら、こちらで勝手にするわけにもいかず・・・
津波地区ではなく 原発地区の子なので、必ず飼い主さんがいるはずなのですが、このまま名乗り出てくれなければ、
いつまで 預かりをするのか。。。
などのことがあります。
預かるほうも、時間・お金などいろいろな苦労や不安を持ちながらも、被災動物には罪はないのだからと、動物たちのためにがんばっています。
みんなが 動物側の気持ちになって、力をあわせれるといいですね。
  

 

URL | にゃんこ預かり中 #- | 2011/05/18 15:06 | edit

飼い主さんと預かりさんとと保護ボラさんと 

> 飼い主さんと保護主さんのこと、お互いが動物を思ってのことだったので良かったですよね。
> どうしてこうすれ違っちゃうんだと沈んだ気持ちになってしまってました。
> この例以外でも、保護に関しても、いろんな方がいるので、病院にかかったときの治療費、フード代やら、去勢・避妊をどうするかとか、きちんとトラブルにならないよう確認しておかなくてはならないこともありますよね。
> 人間が絡むとめんどくせーなあ、でもペットを救ってくれるのも人間なんですよね。
> めんどうがっちゃう、自分を反省です。
>
> 今日は、昨日に引き続きせっせとPC仕事でした。
> 保護動物の情報をまとめたので各団体さんにリンクのお願いとそれから必要な訂正。
> あとはひたすらメール書き。
> 途中、JOYくんがスズメさんを捕ってきてしまって。
> 初めてなんで、わがコの成長を喜んでいいのやら、まったく・・・
> 汗かきましたよ。

URL | わかにゃん #- | 2011/05/20 23:35 | edit

白ジイわん 

> > きゃ~さん、よくぞ白ジイわんに気づいてくれました!
> しあわせそうだよねー
> わたしも安心しました。ちばわんさんに感謝です。
> 「ヘコります」うん、書いて欲しかった、でも「わきの下のにほい、嗅ぎます」でもいいかな。
> どうしても白ジイわんをへんな方向に持ってゆきたいらしい>ぢぶん(笑)

URL | わかにゃん #- | 2011/05/20 23:37 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/700-ab633f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。