05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

南相馬市鹿島区 9/16 21時半 つれづれ 

警戒区域内、放浪犬の保護難航…既に野生化も
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110916-OYT1T00691.htm?from=tw

5日から13日にかけて行われた保護。
いったい何人でやれたんだろう・・・
環境省さん、本気だしてますか?
県に丸投げしてませんか?
県職員さんかわいそう。。。

野生化してしまったコたちは、警戒区域が解けた際には、いずれ殺処分されてしまうんだろうな。
いまの国のやり方、そうだもの。

今のうちに、保護団体さんやボランティアさんを入れて、一気に捕獲する、ってのを数回繰り返してくれさえすれば、どれほど事態は好転することか。。。
彼等の方が持っている区域内の動物に関して情報と具体的捕獲力を認めてくれればいいのに・・・


最近、もう言葉がでなくて・・・

ボラさんたち、自腹で毎週のように来てくれて、それで「助けられなくてゴメンね」っていうの。
助けたコのことは嬉しいけれど、それ以上にそう出来なかったコへの思いが募るんだろう。どんなにか苦しいだろう。

一方で勘違いの気味のひとたちが言葉で和を乱す。ためいきがでる。
たのむから怪しげなことをしてくれるな。警察も行政も人間なんだよ。対応を考えて。


わたしも心から笑えなくてずいぶんになる。
もう一生そうなれないかも。
あまりに、命がなくなり過ぎた。
今もなくなっている。わかっているのに何もしてあげられない。

なにを言っても、どこかへ流れてしまって届かない。

現実を言おうとすると、そうではないと一般論の亡者が自慢げに持論を展開する。


放射線のことだってそう。
除染で出たガレキなどはどうしたらいいの?
それもはっきりせず、ただ置いておいても仕方ないじゃないか。
アスファルトを高圧洗浄してその排水はどこに流れてゆくの?

計画的避難区域の医療状況、病院が倒産だよ。そんな土地に誰が帰ってくるの?

ホットスポット以外の警戒区域の放射線量は、0.5μsv/h以下のところも多い。うちと同じくらいだ。
なぜ、警戒区域?
まだ原発爆発は起こるの?

食品安全基準値ってこんなことできまってたんだ・・
 放射能規制値、科学では決まらない
 食品規制値が曖昧な理由

http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20110909/222541/?mlh3&rt=nocnt


ばかばかしくなってくる。
普通に大震災から復興させてよ。
好きにさせてよ、と。


でもね、原発から7キロのところに住んでた友人がいうの。
こいつ、新聞みて「いいことやってるな」って言ってくれた。
小型犬は一緒に避難できたけど、外のコはできなくて、ずっと泣き暮らして。
でも、なんとかつてを頼んで連れだして貰えたんだって。 
今、ボランティアさんに預かって貰ってるそうだ。近くはないので毎日は会えない。

「俺たちは、まだ補償があるからいいんだ。
他県の津波被害のひとなんて、なんにもなくなっても
なんの補償もないんだよ」って。


・・・いいんだ。そうかも知れないけどさ、どうか無理しないでよ。
  ほんと泣けてくるよ。

Posted on 2011/09/16 Fri. 21:18 [edit]

category: 日々のこと

16

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/779-8a7f87d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。