07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

南相馬市鹿島区 1/20 1時 静かなる怒り 

某保護ボランティアのサイトをみました。

その内容をリンクしている団体がいました。

熱心に活動されている方々です。
記事内容も、努力の伝わるものだと思います。


ですが、最後に 犬の生首画像 がありました。
死後数日。なんとなく生前の姿が思い浮かぶような画像です。


リアルな警戒区域の惨状を伝えたかったのでしょう。
それを見て保護意識が高まることも考えてのことでしょう。
レスキューに入るにあたり、何度もそのような場面を目の当たりにして、
ついに載せずにはいられなくなったのかも知れません。



もしも私が、飼い主で、必死で愛犬を探し続けていて、
偶然、それを目にしてしまったなら。


たとえ自分のコだと判断がつかなくても、ほんの少しでも似ていたなら。


・・・わたしは、首をくくるかも知れない。

そこまではできなくとも、同等の精神状態に、
間違いなく追い込まれると思います。



写真展など、ある程度覚悟を持って出かけた場なら、話は違いますが
サイトは、どんな人間が訪れているのかわからないのです。
少なくとも、被災動物サイトは飼い主さんも見ています。



デリカシーのなさを、軽蔑します。

Posted on 2012/01/20 Fri. 00:54 [edit]

category: 日々のこと

20

コメント

 

やりきれない思いです。

愛するペットとの離別で苦しむ方に、本当に酷なことだと思います。

一部にモザイクを入れるなど、何か手立てはないのでしょうか。

URL | ゆき #- | 2012/01/20 17:01 | edit

 

>ゆきさん
飼い主さんにとっては地獄ですよね。
それに長期ボラで疲れている方も、もしかしたら虚無感にさいなまれて離れてゆくかも。
動物保護にとっては、プラスよりもマイナスの影響の方がはるかに大きいと思います。
掲載されたのは、価値観の違う方々なんでしょうね。

URL | わかにゃん #06McamLQ | 2012/01/20 19:19 | edit

 

はじめまして。
私は個人で千葉からレスキューに行っていました。初めて、辛い最期を迎えた犬猫達の亡骸を見たときは、悲しみと苦しさで涙がとまりませんでした。夢にも無念な亡骸が現れて眼が覚めてしまったこともありました。もう、見たくない、行きたくないと心は悲鳴をあげているけれど、被災地に残されている犬猫をを思うと自分の心の弱さをのろい、レスキューに向いました。

あの写真は確かに残酷で、悲しんでいる人に配慮が足りません。写真なんか見なくても、どんなに地獄のような場所だったか、もう皆な知っています。
プログ主はそれでも、現実を知らせたかったのでしょう。
あそこに行っていると皆な、心の鎧をはずすのが下手になってしまいます。

私は写真は撮らないけど、姿は眼に焼きついていて日常の些細なときに思い出します。

URL | 春のすけ #- | 2012/01/21 01:06 | edit

 

>春のすけさん
はい、掲載された方は、心中をなんらかの形で吐露しなくてはやりきれなかったのだろうと、私もそう思います。
でもあの場であそこまでしてはいけないのです。堪えるべきことです。

レスキューに行くのはつらいばかり、帰るのは残っているコを思い、もっとつらいですよね。
来てくださって、本当にありがとうございました。
被災地の者として、心から感謝しています。
動物たちも、間違いなく感謝しています。

URL | わかにゃん #06McamLQ | 2012/01/21 01:26 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/845-1606c0c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。