06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 07

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

南相馬市鹿島区 3/3 8時半 激しい頭痛 

愚痴を言わせてください。
リスト集を作っていて、さまざまな団体を知りました。
ほんとに身を切って活動してくださっている方々は今日も雪の中、奔走しています。

ですが、そんなところばかりではありません。
行政・警察を刺激して、ほかの団体の活動を阻害しているところがありました。またリスト集第三便をご覧いただければわかりますが、猫を多数殺すような目に合わせながら、札幌で写真展を開催するという団体もあります。寄付や関心が集まり動物たちのためにはなるのかもしれません。それは何に使われているのか?動物たちを人質にとられているようなものです。被災地動物を食い物にされているようで気分は最悪です。それをやっていいのはあなたたちなのですか?
一年がたったとはいえ、いったい何が変わったんですか?
いま、この雪の中で凍えて飢えて死んでいるコがいるというのに、なにを勝手にまとめているんですか?
どうか、みなさん、そしてマスコミの方々、騙されないでください。

こんな状態では、日本の動物愛護など進むわけはないとしみじみ思います。

身勝手な人々にはもう関わらずに静かに過ごしたくなります。

愚痴ですので、数日したらこの記事は消します。

【3月6日追記】
ほんまに愚痴で消すつもりでした。
どこのことだ?とか、あまり話題になって欲しくなったからです。それにより支援が減り動物たちがよりつらい状況になることが怖いからです。
どうか、団体のためにではなく、動物のためにご支援をお願いします。
物資なら、まずは動物のために使われます。

貴重なコメントがたくさん入っています。
ありがとうございます。
おそらく皆様が疑問にもちながら、調べあぐねていたことも書かれています。
私がこれらについてお返事をするのは、技量不足です。
たかだか一年あれこれやっていたくらいでどうこう言えることではありません。
また、方法や対象が多岐にわたっていて、うまくお話する自信もありません。
すみませんが、私からのコメは差し控えさせていただきます。

どうかみなさま、ぜひ、下の「コメント」をクリックして、コメントをお読みください!!!3/6

Posted on 2012/03/03 Sat. 08:36 [edit]

category: 日々のこと

03

コメント

世間に真実を。 

愚痴ではないでしょう?この震災で福島の犬猫の問題に直接、携わってきた私達だから 世間に強く真実を訴える事ができると思う。
遠い広島から来て 未だに福島県の被災犬猫の為に命を削って活動してくれている愛護団体や貯金を切り崩し、交通費や宿泊費をかけて、ボラにきてくれる人達。
売名行為、義援金集めの為に 犬猫をメチャクチャに保護をして、クレートの中に24時間放置して 死なせてしまう団体。
世間の人、行政は 真実を知らないでしょう?

URL | あやぱん #TWFpBTig | 2012/03/03 11:42 | edit

 

世間もこっそり無関心だよね。ここには動物を心配するひとが集まってるけど、普通に生活してると話の通じないひとが、ほとんどだもの。
行政はあのとおり。相談しても「法がないから」と、せいぜい口頭注意。消毒薬の1本もくれやしない。
福島県だって、警戒区域管轄以外の保健所は殺処分してるところもある。
動物愛護法が制定されて、先日はダックスの件で逮捕者も出たけれど、まだまだ。
とくに、動物愛護団体の保護に関しての規約はないし、ペットショップやブリーダーにいたってはあくまで「商品」。
ストリーキングは皆を不愉快にさせると逮捕されるのに、動物を苦しませても、なにもおきない。みんなつらく感じてるのに。
そういったところに介入するとなると、その動物を引き取るなどの面倒が起きるから皆逃げたがる。国の責任、行政の責任ってつつきあげるばっかり。ボラにくらい行ってくれればいいのに。
しみじみ、「そんなもんなんだ」って壁にぶちあたるよ。
ね、がんばってきたからこそ結果が出せないことがわかってしまう。やっぱ愚痴だよ。

URL | わかにゃん #06McamLQ | 2012/03/03 16:48 | edit

 

わかにゃんさんに、そんな事を言わせてしまう状況が情けないです。
警戒区域の解除と共に、動物救助が進むと良いんですが…

しかし、警戒区域解除までに、まだまだ一刻を争う状態のペット達は居るだろうし、放射線量が高い地域は、より厳重に封鎖されてしまうんですよね…

環境省主導で全国の自治体の職員さん達が頑張ってくれているし、今が変わる最後のチャンスと思います。

この期に及んで自治体職員さんや環境省の救助活動に協力せず、ひたすら批判し、動物保護を邪魔し、身勝手な活動を続けるのなら、もうそのような動物愛護団体やボランティアは見限られると思います…

ペットショップやブリーダーに規制が必要なのと同時に、愛護団体にもある程度規制が必要ですよね…

どうか、良い方に進みますよう。

URL |   #- | 2012/03/03 19:18 | edit

 

>UNKNOWNさま

>>この期に及んで自治体職員さんや環境省の救助活動に協力せず、ひたすら批判し、

あ、書き方が悪かったです。
記事は、どの部分が読み手の琴線に触れるかわからない部分がありますね。
過去の話なんです。いまはどうなんでしょうね・・・。

行政も環境省も、動物担当のもともとの職員数はそこいらへんのNPOさんより少ないですよね。あちこちからの応援といっても、ボラなんだから宿泊のお世話なしね、ってわけにもいかないでしょうし。
やっぱり頑張ってくれてると思うんですよ。とにかく前例のないことばっかりですから・・・立ち位置も難しいんでしょうし。
入れないのはどこが邪魔をしてるんでしょうねえ。

URL | わかにゃん #06McamLQ | 2012/03/03 19:55 | edit

 

行政の一斉保護で初日猫4匹、このまま数が上がらずに、もういないからと完全封鎖になる可能性になる。あちこちの批判をいいあうのではなく、一つでも多くの団体が1匹でも多くの命を救うことが必要。あちこちえらそうに実態も知らずに外から見ただけで直接話もせずに批判しあうのはやめていただきたい。

URL | koko #imkb7g1g | 2012/03/03 22:22 | edit

 

>kokoさん、あれ?こちらのHNでしたっけ?
保護の実態にお詳しいんですね。
すごいです!わたしはずっとやってきていますが、とてもとてもそうはいえませんし、これまでにもたくさんの方と出会いましたがそういってくださる方はいらっしゃいませんでした!
やっとみつけました!!!
レスキューさんなのでしょうか?
ぜひぜひ、これからも多くの命を助けてくださいね。
頼りにしています!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

わたしたちも、とてもkokoさんには及びませんが、末席ながら、それぞれのやり方でがんばっていきます。

ほんっとに「あちこちえらそうに」ですみませーん!

URL | わかにゃん #06McamLQ | 2012/03/03 22:58 | edit

警戒区域内立ち入り禁止 

警戒区域内への立ち入りを邪魔しているのは、基本的に原発事故の性質です、法令です。
誰かを何処かを”悪者”に仕立て上げる方向で考えるのは、誤った道筋です。
住民が立ち退きを命じられた区域だということを忘れてはいけません。

愛護団体の在り方は糞味噌混在で、繁殖業と同様、誰でも思い立ったら看板を上げることが出来、組織というより個人が好きなようにやっていることから、今日のような状況を招いてしまいました。
愛護団体の法整備は法改正の協議で今回、初めて議題に取り上げられましたし、愛護の市民活動の社会化はこれからです。

個人の善意が安心して乗っかることの出来る”場作り”は今日的な課題です。

私のところにも、遠い被災地で起きた動物愛護団体の活動実態に関する苦情相談がきます。間接情報は使えません。被害にあわれたり、愛護団体のやり方に疑問を持たれたりした方は、当事者として、責任を持って、事実を環境省とどうぶつ救援本部、被災地のどうぶつ救援本部と警察、自治体、団体所在地の警察と動物愛護担当課に情報を提供して下さい。

個々人が出来ることをやって下さい。
主義主張でなく、事実を関係公的機関にあげていくことが個々人がやらなくてはならない事です。

地道な積み重ねですよ。ネット上で片付くことはありません。単なる無責任なおしゃべりは、どこにも行き着く先はありません。

URL | チッチ #- | 2012/03/04 12:52 | edit

ご無沙汰しています 

わかにゃんさんの活動は、知っている方なら誰も何も言えない筈です
私が福島に3月30日に行くことができたのも、わかにゃんさんから情報を
いただけたからです
私が動き出す以前からずっとわかにゃんさんは動物たちのためにご尽力されて
来ました「外から見ただけで」って わかにゃんさんをそう言える方ってどれ
ほどご存知なのか疑問ですね

わかにゃんさん メールとお電話でしか接点がございませんでしたが
ごぶさたしています
その節は大変お世話になり ありがとうございました
私が福島に行けたのも わかにゃんさんのおかげだと思っています
感謝しています

これからも わかにゃんさんを見習って出来ることをしていきたいと思います
今後ともよろしくお願いいたします

URL | もうーす #Y2kgqtPU | 2012/03/04 13:07 | edit

 

>チッチさん
貴重なご意見ありがとうございました。

>警戒区域内への立ち入りを邪魔しているのは、基本的に原発事故の性質です、法令です。
誰かを何処かを”悪者”に仕立て上げる方向で考えるのは、誤った道筋です。
住民が立ち退きを命じられた区域だということを忘れてはいけません。

はい、知っております。
必要性を感じながらもそれを直せないのも、また人間です。

みなさん、心配してくださってのことだと思います。
関心のない方々は、おしゃべりさえなさいません。

URL | わかにゃん #06McamLQ | 2012/03/04 13:07 | edit

 

>もうーすさん

あちゃー、おひさしぶりです。
いえ、こちらこそなんと言ったらいいものか…
あのときは、失礼なことを申し上げてしまいました。
反省してます。

お世話なんてとんでもないです。
今でも、どうして県外の方々がこんなに良くしてくださるんだろうと、夢ではないかという気持になります。
わたしは被災地にいるので、それなりに覚悟もできますが、もうーすさんはじめ、この地に震災後すぐに来てくださった方々は、本来なら見なくても済んだ光景にあえて臨んでくださったんです。
ものすごい決意だったと思います。
厳しい状況の中、机上ではなく骨身を削って動き続けてくださっている活動を心から尊敬しています。

こんなに長い間、ほんとにありがとうございます。
これまで大変でしたよね。さぞかしお疲れだと思います。
お休みできるときは、どうかゆっくりとしてくださいね。
ご苦労をおかけしてすみません。

URL | わかにゃん #06McamLQ | 2012/03/04 13:42 | edit

 

追記:すみません、記事だけ読んで投稿したので、他のコメントまで読んでいませんでした。

kokoさんのご意見に、私は反対です。そういうご意見ですと、ヤミ金融も貧困ビジネスも困った人を助けているんだからそれで良いということになります。もろ、裏社会の論理です。

愛護団体の批判はしなくてはなりません。ろくでもない団体は根拠のない誹謗中傷を繰り返しており、自分達の活動実態に根拠のある批判が出ると、必ずkokoさんのようなセリフを吐きます。

わかにゃん様は、南相馬市鹿島区にお住まいなのですか?
現場中の現場です、当事者です。
このたびは災難でした、お見舞い申し上げますという以外、かける言葉がありません。国の対策、対応は3・11以降も、以前同様間違っています。私の居る鳥取市にも、福島から移住してきた方々がいらして、県人会を設立しておいでです。
一年経過した今、脱原発の市民運動の集会でお話になるようになりました。私の所属する会にも、お話したいから是非、集まりに来て下さいとご招待して下さり、近くお話を伺う予定です。

会主催の講演会で「ぽかぽかプロジェクト」の募金袋を回したところ、3万ほど集まりましたが、とうてい草の根の善意でどうにかなる問題ではないと改めて思いました。
国は国民を守らない。でも、国家のお金は公金で、我々が望むのは第一に、国民の生命、生活の保証です。明日は我が身と思い、福島の問題を他人事と見なしてはいませんが、ごめんなさい、あまりにもお役に立てません。無力を痛感しながら、出来ることをやっています。

わかにゃんさんの活動範囲で、被災者を食い物にしている愛護ビジネス被害の実態 の件では、何かしらお役に立てる部分があると思います。事実です、事実。証人、証言、証拠が必要です。
そこはビジネスライクにやっていく必要があります。
被災者が動物愛護団体から恫喝されたり、嫌がらせを受け、飼い犬と引き換えにお金を要求されています。恥知らず!とカッカしますが、私は認知症の老人介護で地元を留守に出来ません。
遠隔地に居て出来ることは限定されるんですね。

URL | チッチ #- | 2012/03/04 16:16 | edit

 

先日、あるボランティアに参加した際、写真展開催ファミリー、わざわざ東京までいらっしゃいましたよ。
自分達のところに批判が集まってきて活動しづらいので、最近国内外のメディアに取り上げられているその団体と協力して(と言うか名前を使って)金集めたい、が趣旨でした。
確かに数多く保護してくださっている事には感謝しますが、えげつないです。
志は同じはずなのに、なぜこんな問題が起きてしまうんでしょうね。
私はまったく愚痴だとは思いませんよ。このまま記事を残していただいて、心酔している方に、『あれ?』って考えてもらえる機会になればと。

URL | うだ #Up/0QH2w | 2012/03/04 21:53 | edit

話し合えばよいのではないでしょうか? 

こんにちは。興味深くコメントを読ませていただきました。

まず、わかにゃんさん以上、民間も行政も網羅した
情報を集積している人はないと思います。
私も彼女の身内なので贔屓に思われても仕方ないですが、
どれだけ多くの団体や機関と交渉し、ここまでのものを作り上げてきたか。
しかも、被災者の彼女がまったくのゼロからですよ。

次に、保護動物についてですが、
多くの皆さんは警戒区域内の動物に目が行きがちですよね。
でもレスキュー後に命を落とす動物もすごく多いのです。
(私はシェルター側の立場にいる人間です)
あるシェルターでは知る限り20頭以上の動物が1ヶ月で死にました。
医療行為をほとんどしていません。ワクチンを打っていれば救えたのです。
わかにゃんさんはリスト集3便にもそれを伝えたくて
(これ以上保護動物が行かないように)間接的に表現しましたが、
反応はほぼゼロでした。そこは今も動物は増えています。

犬猫は人質ですから、直接避難すればもうそれらの団体と連絡ができません。
でも頼ってあずけてしまう飼い主やレスキューもいて、ひどいジレンマを感じます。

また心あるレスキューがほとんどですが、にわかレスキューもいて
動物に対する知識もないままするので、保護時にケガをさせたり、
警戒区域外や飼い主さんがエサやりに通ってるのに保護したり。
動物もどこかのシェルターにあずけっきりで、以降のフォローをまったくしない人もいます。
ヒーロー気取りでコスプレでレスキューした人も知っています。
紙に残さない人も多く「レスキュー →シェルター」の伝言ゲームのような中で
誤情報からあずけたつもりの飼い主さんの子が里子に出たケースもあります。
間違いならまだしも、勝手に里子に出して問い合わせが来た飼い主さんに返さないシェルターもあります。
「こんな酷い目に遭うなら警戒区域にいた方が良かったのでは?」と思う子をたくさん見てきました。
(私は区域内の現状を見ていないので、この思いが不適切でしたらお許しください)

私もチッチさん のようにみんなが助け合うべきだと思います。
ただ、レスキューやシェルターが、
動物たちを命で見るか、売名で見るか、自己満足で見るか…、
それによって助けられた子たちのその後は大きく変わります。
前者以外はたいてい動物の行く末は不幸です。

助けたい気持ちだけでレスキューしたりシェルターを造るのは
資格のない者が医療行為をするようなものです。
それくらい動物の扱いや多頭飼育は難しいものです。
でも、本人も、世の中の人も「助けたい気持ち」がある人を
「すごいわね」「優しいわね」と思ってしまう。大きな勘違いですよね。
明確な法律や基準がないから「命」を扱うはずのものが
「気持ち」という視点からしか扱われていない。すごく危険なことなんです。

レスキュー → シェルター →飼い主または里親

という流れを行政が支援し、法改正でもして品質基準を定めないと
今後もっと多くの動物が管理の悪さやストレスから死ぬでしょう。
このような方向に持っていくのはどうしたら良いのでしょうね。
また、今までの経験から行政を含めた「誰か」にお願いしても、コトはまったく進みません。
考えを持つ人が、実際に行動しないとダメなんです。
今こそみんなで考え、行動すべきではないですか?

URL | ひらりんV3 #- | 2012/03/05 14:24 | edit

動物福祉が守られてこそ命の尊厳が守られる 

ひらりんさん、おっしゃる通りです。
「助けたい気持ちだけでレスキューしたりシェルターを造るのは
資格のない者が医療行為をするようなものです。」

レスキューやアニマルシェルター運営を、余りにも多くの人が安易に考え過ぎです。

『あるシェルターでは知る限り20頭以上の動物が1ヶ月で死にました。
医療行為をほとんどしていません。ワクチンを打っていれば救えたのです。』
感染症を放置して、隔離もせずに十把一からげに囲い込むのは、アニマル・シェルターとは言えません。管理の基本がなっていない。物みたいに詰め込むんじゃない、余計なことするな!と言いたくなります。

保護活動現場の虐待や治療放棄による致死、荷積みのような長距離搬送や不適正譲渡でどれだけの被害が出ているか、正確な数字は決して出てこないでしょうが、半端な頭数ではないはずです。保健所の致死処分数減少に、保護活動現場における致死が一役買っているのは確かなことです。
災害時だけの話ではありません。

ご存知かもしれませんが、日本動物福祉協会が何年も前から、アニマルシェルター「郡管理」のセミナーを繰り返し開催しています。遠隔地なので私は中々行けないのですけれど、首都圏や関西圏の方には是非行って頂きたいし、シェルター活動をしている方達は、講師をお招きして是非、積極的に学習して欲しいです。

URL | チッチ #HfMzn2gY | 2012/03/05 23:47 | edit

残念ながら・・・ 

チッチさん、残念ながら悪質なシェルターほど、そういう講習会には行きません・・・(^_^;
自分が一番正しいと思っている人たちですから他人の言うことは聞きません。

動物が命を落としても責任転嫁したり、軽く思ったり。
あの病気が蔓延しなかったら・・・、あの時スタッフがちゃんとしなかったから・・・という考えになります。寄付を募る、スタッフを維持管理、教育するといった運営能力が皆無だったり、医療知識が皆無でも自分は正しいと言い張ります。

3種ワクチンも初めて打った場合50%くらいしか抗体が上がらない。2回打って初めて安心できる数値となる。また、3種で防げない病気が持ち込まれることもあります。隔離して様子を見て入れても、他の子たちに3週間くらい経って感染したこともあります。パルボだってキャリアになれば3週間は菌を排泄し続ける。
ケージが密接していたり、多頭で部屋にいれば、感染症は一気に広がってしまう。これが多頭飼育の恐さです。

特に被災地の子たちはいろんなストレスを抱えており病気に陥りやすい気もします。通常考えられない病気も出ます。カエルなどを食べてきた猫はマンソンの薬を1回飲んだくらいじゃ完璧に駆除できない。衛生面が行き届かないシェルターに入った子は、けがをしていた場合、非常に治りにくい。傷口から菌が入り一部が壊死したケースもある。

やはりシェルターという位ですから非常時の施設です。全国に広く里親さんをどんどん募るべきだと思いますが、譲渡会の開催もしないところもあります。動物を囲っていればお金が入ってきますから。
ぜひとも地元のシェルターに行って被災地の子をもらってほしい。一番早く、確実に動物を幸せにできるのは里親になることですから。。。

URL | ひらりんV3 #- | 2012/03/06 01:15 | edit

お疲れ様です。 

はじめまして ひらりんV3さん(ぺこり) まさしく、その通りです。みなさん、シェルターに足を運んでください。犬猫のお世話のボランティア、里親を考えている皆様、事前にシェルターに連絡を入れてから 伺ってください。よろしくお願いします。
風化しない熱いみなさんの関心がシェルターの改善に繋がっていくとも思います。Wさん、私達がついてるよ!
思いは ひとつだよ(^^)V

URL | あやぱん #TWFpBTig | 2012/03/07 00:10 | edit

はじめまして。 

*非公開では送信できません、になりましてので、早いうちに削除して下さい*
遅ればせながら、一点気になりましたので、受け止めて頂ければ幸いです。
文章の中で、謝罪「ごめんなさい」を使用するにあたって、「ごめんなさーい」では通用しないのではありませんか?
話し言葉では無いので、きっと相手方には伝わらないどころか、読んでいて馬鹿にされたかと思い、きっと不愉快になりますよ。それ以降の言葉が、目(気持ち)に入ってきません。
世間には、賛成意見に回る方、反対意見に回る方、数々の見方があると思います。衝突を作り出すニュアンスの語句は、「ゲロ吐き捨て行為」人を増やす一つの要因になります。
管理人様のおっしゃっている事に、私個人は賛成%が多いです。
どうか、気をつけて頂きたいと切に願います。

URL | sugi #- | 2012/03/22 10:32 | edit

 

>sugi さま
はじめまして
ご意見ありがとうございます。
申し訳ありませんが、削除はしません。 そちらで削除されましてもログがありますので、ここを読まれた方が混乱されませんように復活させる場合がございます。
載せたくないご意見であれば、初めから書かなければいいんです。
個人情報が含まれる場合など、どうしても公開できない場合を考慮してメアドは公開しております。
「ごめんなさーい」が、この記事内にはみつかりませんでした。
おそらく「すみませーん」ですよね?
ここは基本的に個人のブログです。
ただネットは公開の場ですからそれなりに気は使っております。
わたしは、けしてお上品な性質でもありませんし、このブログで世論を変えようなどとも思っていません。ですので、常に「公的に通用する言葉」ばかりは使いません。
リスト集も動物関係も、できることを地道にやっていたらこうなったのです。
文章は意図的に書くこともございます。
一連の流れに含まれます、さまざまな言葉のニュアンスを、優しいおおらかな目でご理解いただければと思います。

URL | わかにゃん #06McamLQ | 2012/03/22 10:59 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/873-6f52c531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。