07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

飯舘村の飼い主さまへ ねこの不妊・去勢手術のご案内 3/25 

新潟NDNさんからのご依頼で掲載いたします。

ALIVE(アライブ)ふくしまさんが、飯舘の猫を対象に避妊・去勢手術をすすめていらっしゃいます。
飯舘村では、仮設でのペット飼育が禁止になっています。
計画的避難区域で立ち入りはできるため、やむなく自宅に置いてきて餌やりに通われている飼い主さんも多いそうです。
ただ、村内に動物病院がなく不妊手術をしている方はとても少なく、自然に増えるがままの状態なのだそうです。
だからといって動物への愛情がないわけではありません。
日本の昔のスタイルが残っている地域なのです。

 お問い合わせは、表示の連絡先に直接お願いします。

飯舘村の飼い主さまへ
ねこの不妊・去勢手術のご案内

(発信責任者)ALIVE(アライブ)ふくしま
  担当:和田 
   〒963-5521東白川郡塙町那倉枦沢67
      電話0247-42-2160

日に日に春の陽気となって参りました。
春は動物の出産シーズンです。 ご自宅におかれている犬やねこはこの季節にたくさんの子を産みます。特にねこは年に2~3回も出産し、生涯にわたって子を産み続けます。エサがあれば、ねこの寿命は20年近くにもなることがあり、一生の間に産む子ねこはとてつもない数になります。際限なく子ねこを増やすことは近隣への迷惑にもなります。
ALIVEふくしまでは飯舘村の皆様を対象にねこの手術の機会を設けましたので、ぜひこの機会にご利用下さい。

      記

日 時: 4月5日(木)10時~16時
場 所: 伊達市保原町11-38 高橋宅(下記※部分に道順あり)
電 話: 090-2972-0679
費 用: メス1匹 5千円    
      オス1匹 3千円 (通常の料金はメス2万5千円位)

手 順: 4月2日(月)から4日(水)の午後、
     もしくは5日(木)午前にねこを連れてきて下さい。

手術が終わるまでの世話はこちらでできかねますので、1日1回は飼い主さんの方で給餌と清掃をお願いします。通えない方は4日午後から5日当日にお持ちください。ねこのほかくのお手伝いが必要な方は(和田:0247-42-2160)までお電話下さい。

★ほかく器、キャリーバッグ、ケージは4月2日(月)より貸出しますので必要な方は上記へ取りに行って下さい。
★すでに妊娠中のねこがいる場合は、ただちに手術(中絶)することをお勧めします。以下の協力病院において、今回のみ当会より1万円補助(ALIVEふくしまへ事前予約)を致します。飼い主さんご負担は1万円ほどとなります。

アリスペットクリニック 保原町栄町37-1 電話:024-575-0700(月曜休・要予約)

※(行きかた)
福島方面から349号線を梁川方面に進むと右手に郵便局があり、その前の信号を右折。
信号から50メートルほど前進、左手ブロック塀の家です。
(郵便局の駐車場斜め向かいになります)

Posted on 2012/03/25 Sun. 17:44 [edit]

category: お知らせ

25

コメント

ありがとうございます。 

記事にしてくれてありがとうございます。
知らない人がたくさんいると思います。
飯舘の方からお話を伺いましたが、猫が生まれてしばらくして見に行くと
ほとんどいないと言います。カラスにでも食べられたかなぁ、と・・・

人がいない村では生まれてくる子がかわいそうです。
少しでもそういう子を減らすには、今は不妊手術しかありません。
手術をかわいそうと思う人もいるでしょうが
生まれてすぐにカラスなど別の動物に補食される子猫もかわいそうです。

また、ほとんどが屋外にいることから盛りの時期に交尾し
エイズ、白血病が広がっています。
もちろん生まれた子も母子感染します。
そういう意味でも、ぜひ避妊去勢は進めていただけたらと願います(T_T)

URL | ひらりんV3 #- | 2012/04/02 02:30 | edit

 

>ひらりんV3さん
ひとりでも多くの飯舘の方に知っていただきたいですよね。
田舎は、まだまだ遅れてる。
わたしがここに越してきた20年前は、鹿島でも生まれたコを川に流すひとがいました。
そういうことを当たり前という、ジジババが死にたえるまでは状況は変わらないって、がっかりしましたっけ。
飼い犬を手術するのはかわいそうでも、生まれたコを捨てることはできる。理解できなーいし、しだぐもねぇ~

URL | わかにゃん #06McamLQ | 2012/04/02 22:12 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/881-b3707922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。