06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 07

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

南相馬市鹿島区 12/6/5 23時半 白わんこみつかりましたが… 

第一便から見つかりました!

120605UKCdog.jpg

UKCさんで昨年の4/16に保護されていました。
飼い主さんは、見つかった時のためにとペット可の仮設にお住まいだったそうですが避難生活が長引き、足腰が弱くなってしまったために引き取りは難しくなってしまったそうです。
このコは里親さんの元へゆくのでしょうね。
長い長い時間だったね。
絶対にしあわせになって欲しい。

お知らせくださったのは、猪苗代を拠点に福島県内で活動されている「アニマルレスキューチーム~Happy Road」さんです。
被災後からずっと被災飼い主さんへの物資支援や人的支援をされているそうです。

飼い主さんの中には、自分のペットを見つけても名乗り出ない方が、やはりいるとのこと…。
住宅事情で飼えないから、という理由もありますが、預かり費用の支払いや引き取りを迫られることを懸念している方も多いそうです。
人間の家族だったらそんなことは二の次でしょうに…。
ともかく名乗り出てさえくれれば、その後のことは皆で相談できるのに…。
正直、ずるいなと思ってしまいます。
置いてきて、そして見つけても名乗り出ない、それでは二度捨てたのと一緒です。
被災者であってもペットにはそんな事情はわからないのです。
リスト集の冒頭に、保護費用についての注意書きを書いているのですが、それでも納得しない方がいるということも、とても残念です。


同じく費用請求のことですが…被災直後にそういうボラがいたと聞いたことがあります。
語弊があるかも知れませんが、勝手に保護しておいて、相手が被災者であることを捨て置いて、保護費から交通費から何から搾取しようとした、あざとい愚かなアホのせいで、被災者さんがボラや団体に悪い印象を抱くようになってしまいました。自己満足のチャラボラの結果がこういうところに出ています。1頭助けたつもりで100頭不幸にしたのです。
バカは被災地に来るな!と言いたいです。

話は戻りますが、もっと飼い主さんたちが助けて欲しいと大きく声をあげていれば、亡くならなくて済んだペットたちもいたのにといつも悔しく思っています。
いえ、あげているはずなのに届かない。
置いてきてしまったペットが助け出されれば、飼い主さんの気持ちだって前向きになるでしょうに。
この国はどうしてそういうことを無視するんでしょうね・・・
たくさんだから対応できない?ひと優先?ほんとに?
何かが間違ってますよね。
地震、そして原発が心配な地域にお住いの方々、どうか良い方向付けができるように考えてみてください。こんなこと繰り返しちゃだめです。


今日は、アブラハムダービーが咲いてました。
ウーメロと似ていますが、一回り大きくて横からみるとグレープフルーツを横に切ったような花形です。
芳醇な感じ

120605abra.jpg


これは、クィーン・エリザベスです。
ハイブリットの立木性の丈夫な品種です。
もう20年以上の付き合いです。
いまだにシュートが上がってきます。
このコを避難で枯らすようなことがなくて良かったなあとしみじみ思うのです。
逆にそうせざるを得なかった方のお気持ちと置いてゆかれたものたちを思うと苦しくなるのです。

120605queen.jpg


Posted on 2012/06/05 Tue. 23:33 [edit]

category: リスト集関連でみつかりました(完了!)

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/927-cf167be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。