07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新装開店 お庭にようこそ

被災保護動物リスト集・わんにゃん生活・ガーデニング・膠原病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

南相馬市鹿島区 12/9/7 23時 環境省への疑問2 

間が開いてすみません。
残暑もあって、疲労困憊です。発送したらあとは寝てました。
うではムダ毛だらけ。
お洗濯も後回しで、ついには替えのパンツも靴下もなくなりました。
友人にそう言ったら、「通販で買っちゃえ!」といわれました。
え?届くまで、私、ノーパン???

下の「環境省への疑問」の記事について補足ですが、
環境省のホームページには、東北3県の被災動物への取り組み、なんてまったく取り上げられていないんですよ。
事故を起こしたのは確かに東電ですが、まず立ち上がらねばならなかったのは環境省だと思うんですよね。ペットに関する政府機関はここしかないんです。
それで納得できないなら、環境省が東電を訴えればいい。

福島県動物救護本部も昨年は予算がおりず、とても苦労されていました。
全国の行政関係の方々、もしもご覧になっていたらですが、有事の際、ペットに関しては皆さま任せになります。資金集めからです。大変です。


自治体はペットに関して無策で、救助の方向性を示してくれるところもなく、それゆえ、私の住んでいる南相馬市も、避難に関する住民説明会で、避難バスに乗るのなら「ペットはつないで置いてゆけ」と住民にいいました。
一緒には避難させられないと、そういったのです。
http://onyawan.blog93.fc2.com/blog-entry-616.html

ペットは、避難所には入れないと言ったところが多数でした。
3月はまだまだ冷え込みます。夜間、車内ですごした飼い主とペットもいたんです。
体調を崩してなくなったコもたくさんいました。

どうか福島の悲劇を繰り返さないでください。
環境省のはなしからちょっと逸れちゃいますが、いまから同行避難の対策を。

*****************************

第五便までの掲載団体の一覧をまとめました。
第三便の巻頭に掲載したQRコード入りのものの改訂版です。
あちこち変わっていましたので、連絡の際はこちらで確認してくださいね。


第1便から第五便の掲載保護団体の連絡先とサイトの一覧 最新版 2012/9/7更新

  




Posted on 2012/09/07 Fri. 22:18 [edit]

category: 日々のこと

07

コメント

パンツは大事ですね!! 

 私が震災の時にパンツや靴下の替えが無くなって悩んだ末に、裏返せば履ける・・・?かな??とつぶやいて家族にお前は馬鹿か?と言われたのを思い出しました(笑)当時は寒かったので、ノーパンは思いつきませんでした。心もとない感はありますが、今の時期なら涼しそうですね。

 こちらの地域では、同行避難できるところと、そうでないところとありました。
 同行できる動物の大きさ・種類によっては、断られたり、野外繋留だったり。
ペットの鳴き声に苛立ちを隠せない避難者や、肩身の狭い様子の飼い主や、苦情に対応する行政職員など・・・家族を探すためにいくつかの避難所を見て回った折に感じた雰囲気の悪さは記憶に残っています。仮に自宅が倒壊していたとしたら、やはりペットと避難所には行けず、車での生活をしていたと思います。
持病があって加温を欠かせない猫がいる事を考えると相当厳しい選択になるだろう思います。
 ペットを飼っている人にも、飼っていない人にも負担の少ない同行避難の方法はないものでしょうか・・・。
 

URL | yuki #- | 2012/09/10 12:17 | edit

 

>yuki さん
ノーパンだぜぃ、ワイルドだろぅ~
いや、ちゃんと洗ったぜぃ、乾くのは早かったぜぃ。

私が訪ねたところも、ワンコは入れなくて駐輪場に繋がれていました。でも寒さをしのぐ小屋も毛布もなく段ボールが敷いてあるだけ。屋根があるだけマシって扱いでした。
猫ならまだしも、大きなワンコが避難所で一緒に過ごすのは難しいですよね。
わんにゃんって、飼い主が落ち着かないと、それ以上にせわしくなっちゃいますもんね…。
避難所の体育館脇の武道場を、飼い主さんたちで管理して動物たちの避難所にしてたところがあったようです。
ただ混乱してるときは宣伝が行き渡らず、長いこと知らない方もいたそうで、被災時の情報伝達って課題ですよね。
きっとわたしも車中派ですね。ひとまず飼い主にできることと思って、車はセダンでなく室内の広いワゴンにしてます。キャンピングカーなら文句なしなんだけど。

URL | わかにゃん #06McamLQ | 2012/09/10 18:58 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://onyawan.blog93.fc2.com/tb.php/977-443f86a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。